キュビスム|形態の統一的原理

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

キュビスム-形態の統一的原理

芸術って何だ!

■時代
20世紀初頭

■主な場所
フランス、パリ

■主な人物・団体

■絵画の特色と様式
20世紀絵画において絵画の統一的原理を色彩によったフォーヴィスムに対して、モチーフの形態にこだわり、3次元の対象、主題を2次元である平面に復活させるための探究をしたのがキュビスムである。
フォーヴィスムが感覚的な色彩表現であるのに対して、キュビスムは理知的な形態把握によるモチーフの分析と解体そして、その再構成をおもな絵画の統一原理としていた。

キュビスムの推進者はモンマルトルで活動していたパブロ・ピカソ(1881-1973)、ジョルジュ・ブラック(1882-1963)で後にファン・グリス(1887-1927)が加わる。彼ら3人が正統派キュビスムの中心とされ、第一次世界大戦まで目覚しい活躍をする。
彼らキュビスム美学の根本的原理は、感覚的秩序よりも理知的秩序にもとづくもので、世界の分析と解体を試み、それを再構成するという点であった。
それは、2次元であるキャンバスに3次元の世界を復活する格闘で、描く対象を分析し解体して断片化していく作業がおこなわれる。対象をより完全に捉えるために一つの視点から見えるとおりに描くのではなく、立体を意識し、視点を複数化して描くことが要求される。
この作業はキュビスト美学の第一段階である対象の分析で、次の作業は断片化された対象を再構成することである。
このようにキュビストの画面を統一させる統一的原理は、対象の分析と解体による対象把握をし、それにより断片化された対象を画家自身の構成原理により再構成することであった。
認識された真実の対象や主題が再構成され2次元のキャンバスに3次元の世界が復活した。

同時期、モンマルトルで活動していたピカソとは別に、モンパルナスにキュビスムのもう一つの中心があった。モンパルナスのキュビスムの中心にはフェルナンド・レジェ(1881-1955)、ロベール・ドローネー(1885-1941)がいた。彼らの追求するキュビスムはピカソらのものと基本的に変わらないものではあったが、2つの点で大きな差異があった。
1つは、ピカソたちが形態にこだわることで画面が色彩を無視し、彩度の少ない渋い色調の作品を生み出していくのに対し、ドローネーやレジェは、印象派の築いた原色の表現を受け継ぎ、明るい彩度の高い色彩を画面に表現させたことである。
もう1つは、ピカソやブラックらが2次元の画面へ3次元をいかに造形していくかにこだわるあまり、彼らの作品は静止した作品であるのに対し、レジェやドローネーはダイナミックな動きを作品に導入した。

モンマルトル、モンパルナスとは別にキュビスムの運動にはもう1つの中心地があった。パリの郊外にあるピュトーという町でアトリエを構えていたジャック・ヴィヨン(1875-1963)、マルセル・デュシャン(1887年 - 1968年)、レモイン・デュシャン・ヴィヨン(1876-1918)の3兄弟がグループの中心で、ロジェ・ド・ラ・フレネー(1885-1925)、フランソワ・クプカ(1871-1957)、などがいた。彼らはピカソよりレジェやドローネーと仲が良かったようだ。
後に彼らの中から抽象絵画の先駆ともいえる『セクション・ドール(黄金分割)』の運動がおこる。キュビスムが対象の分解と再構成を基本的美学としている中で、キュビスムは画面のコンポジションを重要視して構成原理を追及することになる。この構成原理を数学的見地から極度に追求したのが『セクション・ドール(黄金分割)』の運動で、幾何学的抽象の第一歩ともいえるだろう。

キュビスムは、フランスのパリという特定の場所で期せずして起こり、その運動は1914年の第一次世界大戦勃発とともに彼らの運動は停止させられてしまう。しかし、キュビストたちはキュビスム美学をほぼ完成させ、独自の世界をそれぞれに追求し深めていくことになる。

パブロ・ピカソの活動とキュビスム

アヴィニョンの娘たち

ゲルニカ

スペイン人であるパブロ・ピカソは20世紀初頭からパリに住み着いた。その後90年という長い生涯にわたり彼の思想をともなう作品群は全世界に影響を与えた。さまざまに実験と検証をくりかえし、一つの方法論に執着することのない彼の活躍は、今もひとびとに影響を与える。

キュビスムでは、『アヴィニョンの娘たち』(右上図, 複製商品-amazon.co.jp)を発表する。 そこには黒人彫刻や古代イベリア彫刻など のプリミティブ(原始的)芸術の影響によるデフォルメと、セザンヌの影響を感じる構成による革新的な絵画が実現される。

その後、1937年には、『ゲルニカ』(右下図, 複製商品-amazon.co.jp)という世界遺産を描きあげる。

分析的キュビスムと総合的キュビスム

1909~1911年頃は分析的キュビスムといわれ、対象の幾何学的分析と解体がすすめられた。

その後を総合的キュビスムといい、 解体された対象を構成することをおしすすめた。それは、新聞、トランプ、壁紙など平面的イメージを導入することなどで失われた現実を回復する試みであり、理知的、自律的な構成は絵画に大きな影響を与えた。

技法としては、新聞や壁紙という現物を直接画面に貼り付ける「コラージュ」「パピエ・コレ(貼り付けられた紙:意味)」「トロンプ・ルイユ(だまし絵)」が生み出された。

■絵画様式のその後

オルフィスム、ピュリスムなどへキュビスムの絵画様式は受け継がれ、多くの画家に影響を及ぼしました。

また、抽象絵画へ発展する役割も果たしています。表現主義の青騎士などへ影響を与えて抽象絵画へ発展させる要因にもなっています。モンドリアンの絵画などは、極度にキュビスムを追求した幾何学的な抽象絵画ともいえます。

また、キュビスムの対象の分析と解体、再構成するという手法自体が多くの芸術に今日も影響していて普遍的なものです。

ページの上へ