アントニオ・ロペス|スペイン・リアリズムの写実絵画とは

現代美術|芸術って何だ!

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

アントニオ・ロペス-スペイン・リアリズムの写実絵画とは

現代美術|芸術って何だ!

アントニオ・ロペス-スペイン・リアリズムの写実絵画とは

現代スペイン・リアリズムの巨匠アントニオ・ロペス-
チケット2013年の5月頃、アントニオ・ロペス・ガルシア氏(以下、敬称略)の展覧会へ行きました。

現在、日本の中ではスペインのリアリズム絵画は人気があり、その中でもアントニオ・ロペスは知名度があり、人気のある作家です。日本の作家へも多くの影響を与えるスペインのリアリズム絵画を垣間見ることができるこの展覧会は貴重でした。そして、今回来日したアントニオ・ロペスの多くのインタビューも含め、日本の絵画をはじめ、造形世界への影響は大きいものでしょう。

写実絵画とは!?リアリズム絵画とは!?なんだろう?どうあるべきだろ?という疑問を少しでも解消してくれるアントニオ・ロペスの絵画の制作方法や考え方は、独特でありながら、リアリズム絵画制作への見習うべき普遍的な姿勢を感じずにはいられませんでした。

そのひとつは、リアリズム絵画をどのような目的や意味を持って描くのかによって、描く方法や姿勢は変わるもので、出来上がる作品がそれを表し、リアリズム絵画を標榜する作家の評価に明確につながるものだということです。

例えば、好きな写真を絵画として写し取りたければ、写真を見ながら描けばよいわけです。しかし、絵画の対象を目の前にした空間や距離感、匂いや皮膚感などの五感なども含めて描こうとなると写真だけでは簡単に絵画として描ききることは困難でしょう。
その場でしかわからない臨場感をアトリエに持ってくることはかなりの能力が必要になります。そう考えるとアトリエで対象を目前にしやすい静物画や人物画を制作することは風景画を描くよりもたやすく感じます。

アントニオ・ロペスは臨場感を目的の一つとし、リアリズム絵画として描ききる画家だと私は思いました。その制作手法は、同じ季節の同じ光のある同じ時間にカンバスを運び出して絵を描きます。風景を描く場合は、描けるチャンスは数日なので、この作業を数年間行います。写真は使用していません。リアリズム絵画ですので遠近法を使えばある程度写真を使用して描けるように容易に考えてしまいがちですが、アントニオ・ロペスは実際の目で見たときの線のゆがみ方などは遠近法では表現できるものではないと言っています。

もし、アントニオ・ロペスの絵画スタイルがリアリズム画家のスタイルとして絶対的なものであれば、町中にたくさんの風景画家に出くわすことにもなりますが、現実ではそんなことはありません。土日に絵画教室の生徒を見かけるくらいのものでしょう。

それでは、アントニオ・ロペスのリアリズム絵画への制作手法や姿勢をどのようにアーティストは取り入れていくことができるでしょうか?!
まずは、制作する目的をはっきりさせることは重要です。 リアリズム絵画はその対象自体が目的であることが多く、その狙いやテーマを明確にして伝えることが必要です。お気に入りの写真を大きなキャンバスに油絵で描いて友達にプレゼントするのも立派な目的です。その場合、写真で得られる情報と自分が持つ絵画の要素以上のものを表現することは困難だと思います。つまり、臨場感がない作品となります。

では、写真からでは表すことのできない臨場感を絵画の要素として表現したい場合はどうすればよいのでしょうか?アントニオ・ロペスのように大きなキャンバスと画材を現地に持っていくことが最善な方法だと思いますが、時間や場所などによっては制限があったり、不可能な場合が多く、それ以外の方法を考えてみたいと思います。

絵画の対象を取材する場合、現代ではパソコンやモバイルなど便利なものが多く、これらを利用しない手はないでしょう。動画や写真を使って取材することが容易な今日では、新しい取材方法を利用してみることができます。パソコンに取り込んで絵画のテーマのために再構成、再構築することも容易に思えます。しかし、臨場感を多くの目的とする場合やリアリズムを追及する場合、その場に臨んでデッサンをすることなども必要になるのではないでしょうか。空気感や距離感、色合いなどのスケッチは必須の様な気がします。作家の中には対象を観察し、立体の造形物に作り上げた後に、リアリズム絵画の制作に取り組む作家もいます。今回のアントニオ・ロペス展では特にリアリズム絵画になればなるほど、臨場感が作品の優劣を左右するものだと思いました。

2013年11月22日


現代スペイン・リアリズムの巨匠 アントニオ・ロペス
現代スペイン・リアリズムの巨匠 アントニオ・ロペス

内容紹介
現代スペイン・リアリズムの巨匠 アントニオ・ロペス 光と愛を描くリアリズムの真髄、日本初の回顧展がこの一冊に。 磯江毅にも影響を与えた、マドリードにおけるリアリズムの中心人物であり、スペインで最も重要な現存の芸術家であるアントニオ・ロペス。 日本初、そして東洋初の開催となる記念すべき回顧展「現代スペイン・リアリズムの巨匠 アントニオ・ロペス展」に出品されたドローイング、 油彩、彫刻あわせて64点の傑作を収録しました。

現代スペイン・リアリズムの巨匠 アントニオ・ロペス -詳細はこちら…現代スペイン・リアリズムの巨匠 アントニオ・ロペス―詳細


アントニオ・ロペス 創造の軌跡
アントニオ・ロペス 創造の軌跡

内容紹介
現代スペイン・リアリズムの巨匠がみずからを語る。油彩、素描、彫刻の分野で世界的評価を誇り映画『マルメロの陽光』でも知られるアントニオ・ロペス・ガルシアが芸術制作の内奥を解き明かした貴重な講演記録。カラー図版13点を所載。

アントニオ・ロペス 創造の軌跡-詳細はこちら…アントニオ・ロペス 創造の軌跡―詳細



Antonio Lopez Garcia[ペーパーバック]
Antonio Lopez Garcia[ペーパーバック]

amazon.co.jpのカスタマーレビュー
現存する20世紀最大のリアリズム作家、アントニオ・ロペス・ガルシア。 日本でも人気のある作家ですが、何故かしら、僅か4度しか作品が渡来していません。 本書は希少な代表作を一覧できる英文の図録です。 表現上、印刷物という壁はありますが大変綺麗な印刷で、真筆を見たくさせる魅力があります。 ちなみに、ペーパーバック版は「Antonio Lopez (ハードカバー)」と比較し図録の多くは重複するところがあります。掲載サイズは若干小さめですが、画質はペーパーバックが良好で、明るいところの詳細がよく見てとれます。

Antonio Lopez Garcia[ペーパーバック]-詳細はこちら…Antonio Lopez Garcia[ペーパーバック]―詳細

アントニオ・ロペス・ガルシア氏の紹介サイト

 

ページの上へ