諏訪敦|記憶に辿りつく絵画~亡き人を描く画家~日曜美術館を見て

現代美術|芸術って何だ!

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

諏訪敦-記憶に辿りつく絵画~亡き人を描く画家~日曜美術館を見て…

現代美術|芸術って何だ!

諏訪敦-記憶に辿りつく絵画~亡き人を描く画家~日曜美術館を見て…

■番組の主な内容

このテレビ番組は交通事故で亡くなられた娘さんのご両親が娘さんを絵画で再現したいという依頼からはじまる。依頼を受けるのは画家の諏訪敦氏(以下、敬称略)であった。

諏訪敦は舞踏家である大野一雄を取材し写実絵画として作品を残していることでも知られるリアリズム絵画の現代作家である。その作風は徹底した取材に基づいていて、ある種の説得力があり、多くの人々を魅了している。

この依頼は亡くなられた方を描くという取材が困難な仕事で、諏訪敦はどのように悲しみの中にある依頼主を納得させる絵画を完成させるのか非常に興味が湧いた。

亡くなられた娘さんは海外によく出かけ、その旅先で原因不明の交通事故に遭遇し、亡くなられている。事故調査の報告もなく、納骨もしていない状況である。家には娘さんの大きく引き伸ばされた写真が壁一面に飾られていて、その悲しみが伝わってくる。家族は娘の蘇りを願い、精神的な支えになるのではないかという思いから、絵画の制作を依頼したようだ。そのような家族の中に入っていき、諏訪敦が取材を始める。娘さんを描くためにどのような行動に出るのだろうか?

諏訪敦はご両親のスケッチを始める。そこでは母親の骨格や肌、髪質などを実際に触れることで多く残されている写真や映像以外の娘さんの生の情報を収集しようとする。

諏訪敦の絵画には、記憶に残る場所として手を描くことにに対する拘りが大きい。今回、写真だけではわからない手の質感や骨格などの情報を得るために、義手などを制作する企業に手の模型を依頼している。

また諏訪敦は、依頼主の娘に対する気持ちを制作する絵画で応えることができるのかという不安を抱き、NPO法人"生と死を考える会"の人と話しをすることによって気持ちの着地点を模索している。

制作途中では、依頼主とのメールでの対話の中で、娘さんに対する気持ちと制作していた絵の方向性の相違から絵画を一度塗りつぶしていた。NPO法人で相談することがきっかけになったのか、諏訪敦は絵画を制作する上での気持ちの着地点を見出したかのように描きなおした絵の仕上げをする。ご両親をスケッチし始めて約半年後に絵が納品された。


■番組を見終えての感想

制作当初、その絵画は依頼主の気持ちにうまく応えられず行き詰っていたが、諏訪敦のフィルターを通すことでしか見えない絵画に集約されていた。ただ、そこにはご両親の気持ちや家族の印象、写真、映像、ご両親のスケッチなどさまざまな情報があるからこそ、諏訪敦のフィルターが活かされた一枚の絵画に仕上がっていると考えられる。

今回の制作で、依頼主の亡くなられた娘さんを描くために、写真や映像を使い、また、義手まで利用して娘さんに近づこうとしています。また、依頼されたご両親の娘さんの話、娘を亡くした今の気持ちなど、できる限りの情報を拾い集めて、現実にいない架空の娘さんを描こうとしています。それは、テレビのゲストが言っていた"探求こそが写実である"ということを窺い知ることができ、探求することで作家の個性が如実に現れることがわかりました。

諏訪敦は、今回、生きるために絵画を依頼するご両親のために、死んだ娘さんを描く仕事をなさいました。それは同時に生と死を見つめることで、野田弘志氏の"死すべき命を見つめる"リアリズム絵画と共通していることや接点が多くあると思われました。

2012年3月26日


どうせなにもみえない―諏訪敦絵画作品集 [大型本]
どうせなにもみえない―諏訪敦絵画作品集 [大型本]

内容紹介(amazon.co.jpより)
写実を超えた写実を描く諏訪敦、その新たな表現領域を本書に結実。 諏訪敦の思考の軌跡を探る、テキスト、挿図満載の画期的構成。 ●日英併記

内容(「BOOK」データベースより)
「濃密なる思考」と「静かなる闘い」の軌跡、待望の最新作品集。

どうせなにもみえない―諏訪敦絵画作品集 [大型本] -詳細はこちら…どうせなにもみえない―諏訪敦絵画作品集―詳細


諏訪敦 絵画作品集〈1995‐2005〉 [大型本]
諏訪敦 絵画作品集〈1995‐2005〉 [大型本]

内容(「MARC」データベースより)
細密描写画家・諏訪敦の作品集。前衛舞踏家・大野一雄と大野慶人を描いた連作シリーズのほか、「眠るひとたち」「深海」「肖像」等、1995年から2005年までの主立ったものを中心に編纂。大野慶人との対談も収載。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
諏訪 敦
1967年、北海道に生まれる。1992年、武蔵野美術大学大学院造形研究科油絵コース修了。1994年、文化庁芸術家派遣在外研修員に推挙され以降2年間のスペイン在住。1995年第5回バルセロ財団主催国際絵画コンクールで大賞受賞。東洋人としては初めての受賞となりマジョルカのバルセロ財団に作品収蔵。1998年、文化庁主催DOMANI・明日展に招待出品(安田火災東郷青児美術館)。2000年、「大野一雄・慶人」(日本橋三越)。2002年、東京ステーションギャラリーに作品収蔵。写実~レアリスム絵画の現在展(奈良県立美術館)。2007年、Born in HOKKAIDO 大地に実る、人とアート(北海道立近代美術館)。文化庁主催「旅」展(新国立美術館)。2008年、諏訪敦絵画作品展 複眼リアリスト(佐藤美術館)。Art Taipei 2008(TWTC Exhibition Hall)。2009年、武蔵野美術大学80周年記念展「絵の力 ―絵の具の魔術―」(武蔵野美術大学)。ART@AGNES(KOGURE+Roentgenwerke AG)。2010年功術 KOH‐JYUTSU(スパイラルホール)。ART HK 10(Hong Kong Convention and Exhibition Centre)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

諏訪敦 絵画作品集〈1995‐2005〉 [大型本] -詳細はこちら…諏訪敦 絵画作品集〈1995‐2005〉―詳細

諏訪敦氏の紹介サイト

 

ページの上へ