新印象派|印象主義の科学的根拠

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

新印象派-印象主義の科学的根拠

芸術って何だ!

■時代
19世紀後半

■主な場所
フランス

■主な人物

■絵画の特色と様式
新印象派は、写実主義よりもリアルな光や空気感を表現しようと印象派が提唱し、発展させた筆触分割は感覚的すぎると考えていた。スーラとシニャックは光と色彩をもっと科学的、理知的な原理に基づかせるべきだと考えた。

絵画の持つ主題自体は印象派と変わるものではないが、画面の秩序や構成に科学的な法則性を与えた絵画は機械的な手法で独特であるが詩情豊かでもある。

新印象派の表現技法は点描画法、分割主義などと呼ばれる。その制作は、原色、あるいは原色に近い絵の具を隣り合わせることで絵の具同志を混ぜることを避けた。そうしてできた絵画画面は、鑑賞者の網膜上で理想の色彩として映るように計算された。その技法の科学的な根拠はゲーテの色彩論やシュヴルールやルードの色彩理論などを拠り所としていたようだ。

■画家と特色

ジョルジュ・スーラ(1859-1891)
ジョルジュ・スーラ,グランド・ジャット島のセーヌ河畔,1887年 ジョルジュ・スーラは、印象派の画家たちの用いた「筆触分割」の技法をさらに押し進めていき、当時の色彩理論や科学研究に影響を受けて鮮明な色彩を追求した。点描主義(分割主義)という技法にたどりつく。

[右図:グランド・ジャット島のセーヌ河畔, 1887年, 複製商品-amazon.co.jp]

シニャック(1863-1935)
シニャック,オーヴェルシーの運河,1906年彼はスーラに共鳴し、ともに新印象派を代表する画家として活躍する。彼らは科学者たちの著作を熱心に研究し、太陽のスペクトルの基づいた純粋色の視覚混合だけを行った。体系的なタッチの分割と、色彩の科学的理論で色彩と調和の確立を目指した。印象派よりさらに明るい画面、秩序ある構図を科学的にめざしていった。 スーラの死後、新印象派のリーダーになり新印象派の理論は彼によって広められた。

[左図:オーヴェルシーの運河, 1906年, 複製商品-amazon.co.jp]

■絵画様式のその後
新印象派が絵画に科学的根拠を導入したことの意義は大きいし画期的なことだ。色や点、線、面に備わっている造形要素を科学的に追及することは、二次元の平面である画面を強く認識することになるし、人間の生理現象をも科学的に理解することにつながる。
その後、未来派やフォーヴィスムに影響を与える。

ページの上へ