アート・芸術関連定期購読の本

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

アート・芸術関連定期購読

アート・デッサンの本


芸大美大をめざす人へ■
【商品】 【紹介】

芸術大学・美術大学をめざす人のための「芸大・美大をめざす人へ」
美術家、デザイナー、建築家、映像作家、イラストレーターなど、 今後の日本文化を担う職業を目指し、芸大・美大進学を望む受験生に 実技の初歩から受験レベルまで、段階を追って実力を養成する受験情報誌。

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
美術手帖 ■
【商品】 【紹介】

美術の専門雑誌という枠組みにとらわれず、さまざまなジャンルを横断する斬新な内容に定評。
資料性の高いヴィジュアル・マガジンとして海外からも熱い注目を浴びている。1948年の創刊以来、たえずアートシーンをリードしつづけるオピニオン雑誌。

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
ART iT(季刊アートイット) ■
【商品】 【紹介】

海外でも大好評! 日英完全バイリンガルの季刊アート雑誌
『ART iT』(季刊アートイット)は、日本とアジアのコンテンポラリーアートシーンを日英2カ国語で紹介する、日本初・発の本格的バイリンガルアートマガジンです。人気アーティストのインタビュー、アート界の話題の特集、エキジビションカレンダー(展覧会情報)が3本の柱。美しいヴィジュアルと大胆なデザイン、正確で客観的な情報と、切れ味鋭いジャーナリスティックな記事により、海外でも人気を博しています。

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
版画芸術■
【商品】 【紹介】

版画専門の美術誌
浮世絵が印象派の画家たちに影響を与え、「版画の国」として知られる日本。現在もHANGAは国際的に注目を集める。「版画芸術」は、1973年創刊の現代版画を中心に日本が世界に誇る版画の世界をご紹介する版画の専門誌。

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
PRINTS21(プリンツ21)■
【商品】 【紹介】

アートとアーティストの現在を独自の切り口で徹底分析
毎号一人のアーティストにスポットを当てて80ページにわたり大特集します。ファンはもちろん、そうでない人でも第一線で活躍中のアーティストのユニークな独占取材からなる充実した内容は必見です!

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
月刊ギャラリー ■
【商品】 【紹介】

ジャーナリスティックな視点で迫る読みごたえ充分の特集記事。
日本の美術を取り巻く現状を浮き彫りにするジャーナリスティックな視点で迫る記事、現代美術から古美術まで様々なジャンルのアートイベントなどをどこよりも早く特集するなど、読者が必要とする情報をタイムリーに提供しています。

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
relax (リラックス) ■
【商品】 【紹介】

楽しい情報はなんでも掲載!
雑誌"リラックス"では、アート、ミュージック、映画、小説など他にも楽しいことならジャンルに問わずなんでも掲載します!なにか楽しいことを探したい!という方に必見の雑誌です。

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
藝術新潮 ■
【商品】 【紹介】

幅広い読者を持つ代表的な芸術総合雑誌
芸術愛好家だけでなく一般大衆にも向けた芸術総合誌です。

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
BRUTUS(ブルータス) ■
【商品】 【紹介】

アートに関する情報満載!22冊分でもう1冊、年間23冊がお手もとに。
関西、お茶の水あたりで、なにやら気になるアートスペースの動きがあります。Brutusではアートの世界を取り巻く旬なトピックをご紹介!また、lessonでは辛酸なめ子の初めてでもよーく分かる「アートの買い方講座」を掲載。columnではアートのことがすごく分かる周辺情報を提供。アートに関する情報が満載です。

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
月刊美術 ■
【商品】 【紹介】

鑑賞と収集に役立つ美術愛好家のための業界雑誌

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
一枚の絵 ■
【商品】 【紹介】

絵を描く人にも、見る人にもうれしい企画満載の美術総合誌
風景スケッチ、美術館紹介など人気特集が続々! この一冊が美術館であり、旅行スケッチのガイドであり、絵画レッスンルームです。

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
月刊ミュゼ ■
【商品】 【紹介】

ミュージアムを「自分化」するための博物館・美術館ジャーナル
日本のミュージアムをもっとほんとうに楽しめるものにしていきたい。そのためにはどうしたらいいのだろう。「月刊ミュゼ」は、ミュージアム・マネージメントの視点で、ミュージアム・マネージメントの考え方や方法、活動のようす、ミュージアムに関わる人々の意見などを掲載し、読者とともにミュージアムの発展を願う雑誌です。

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
日本の美術 ■
【商品】 【紹介】

毎号1特集。1人の書き下ろしによって、日本美術の奥行きを追求
"昭和41年(1966年)、当時の三国立博物館の監修の下に創刊されました。現在、文化庁協力、独立行政法人東京/京都/奈良国立博物館、独立行政法人東京/奈良文化財研究所が監修する月刊のムック誌です。

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
炎芸術 ■
【商品】 【紹介】

現代陶芸を幅広い視点でご紹介する専門誌
多くの「人間国宝」(工芸部門)を輩出し、現代日本の中心的工芸公募展である「日本伝統工芸展」。戦後から現代の陶芸の歴史には、その影響を少なからず及ぼしてきた。「炎芸術」は1982年に創刊した現代陶芸を中心に鑑賞、コレクションから作陶まで幅広い視点でご紹介する専門誌。

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
目の眼 ■
【商品】 【紹介】

古美術・工芸のこころにふれる月刊誌
主に日本・東洋の古美術工芸品を中心に、取り下ろしによる豊富なカラー作品図版でその美しさを鑑賞いただき、歴史的な背景等作品のエピソードを伝えます。「やきもの」から、「絵画」、「きもの」、「装身具」にいたるまで、古美術品のあらゆる世界のおもしろさ、楽しさを味わっていただきたい雑誌です。

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
ACT4(アクトフォー) ■
【商品】 【紹介】

大人のための知的好奇心マガジン
『ACT4(アクト・フォー)』とは、第4幕という意味。通常オペラは3幕で構成されていますので、第4幕は幕後ということになります。オペラに感動してその余韻にひたる時間が『ACT4』です。タイトルが意味するのはオペラだけではありません。アートや音楽、食や人、本も映画も旅行も何でも、感動するものとの出会いの余韻を楽しむことすべてが『ACT4』であり、これこそ人生の至福の時ではないでしょうか。

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
STUDIO VOICE (スタジオボイス) ■
【商品】 【紹介】

マルチメディアミックスマガジン!
国内外の文化、アート、ファッションなどのサブカルチャーな話題、クリエイターの紹介、最新ニュースを提供していく。豪華な執筆人の言葉には耳を自然と耳が傾いてしまう。毎号毎号突き詰めた内容の特集がおもしろく、どれも見逃せない!

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
「hinism(ヒニスム)」 ■
【商品】 【紹介】

心と手業の形を見つめることから始まるグローバリゼーション
『hinism(ヒニスム)』は、" 日々に見る、日常に生きる、日本に住む、そして日本に宿る"を宣言に、フォトグラファー泊昭雄、スタイリスト山田喜美子が中心となり、ギャラリー運営などもしているWALLが提案する、写真が主役の季刊誌。

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲
インターコミュニケーション ■
【商品】 【紹介】

メディア/アート/コミュニケーションを通して多元的に世界を見る、超領域的文化誌
『インターコミュニケーション』は、NTTが1997年に東京西新宿に開設した未来型文 化施設「InterCommunication Center (ICC)」の関連誌です。 ICCは「コミュニケーション」というテーマを軸に科学技術と芸術文化の対話を促進 し、豊かな未来社会を構想していきたいと考えています。オープン以来、ヴァーチャ ル・リアリティやインタラクティヴ技術などの最先端電子テクノロジーを使ったメデ ィア・アート作品を紹介してきた他、従来の形式や分類を超えた企画展を開催してき ました。

詳細はこちら…
▲このページの上へ▲

ページの上へ