視覚表現―コンピュータ時代のベーシックデザイン。アート・造形全般の本

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

視覚表現―コンピュータ時代のベーシックデザイン

アート・造形全般|アート・デッサンの本

■視覚表現―コンピュータ時代のベーシックデザイン ■南雲 治嘉 (著)

(「BOOK」データベースより)
本書は、デザインの視覚的な表現における、幅広いベーシックを解説したものです。 コンピュータ時代のデザインには、ますます必要なベーシックです。これまでのベーシック関係の本と違い、一つのテーマを追っているときに、 ぜひ他の情報も知って欲しいという主旨で、関連作品、用語解説を随所に入れました。

(デッサンと言う礎より)
この本はコンピュータ時代のベーシックデザインという副題がつけられていて、あたかもデザイン 分野だけのための本に捉えられてしまいそうです。しかし、内容は、平面に関する造形の要素がふんだんに 取り上げられており、画像の多さと詳しい説明には、かなり得した気分になってしまいます。
デザインと言う分野から得られる基本的な知識は、多くのインスピレーションをわれわれに与えてくれます。 そして、その入り口にこの本はお薦めの一冊です!

視覚表現―通販はこちら… amazon.co.jp で詳細を見る

アート・造形全般の本

アート・デッサンの本

ページの上へ