JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン|デッサンの描き方講座

JENGA(ジェンガ)のデッサンについての描き方の過程は、学生による鉛筆デッサン練習のドキュメントです。

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン

デッサンの描き方講座|鉛筆デッサンの練習のドキュメント

モチーフのJENGA(ジェンガ)

JENGA(ジェンガ)のデッサンに取り組みます。

今回、子供から大人まで楽しめるJENGA(ジェンガ)を描いてみました。

JENGAは、同じ形状の木を積み木にして遊ぶおもちゃです。一つ一つの形は同じなので、まず、その特徴を理解することは必要なことです。

JENGAの縦、横、高さを理解し、文字の大きさなども把握しておくべきでしょう。

描くのはJENGAだけなので、材質は木材のみです。木の質感がどんなところに出ているのかを観察しましょう。

【サイズ】35.5×27cm
【材料】画用紙[HOLBEIN,DRAWING BOOK F5,No.30A-2,205g/㎡,R画用紙、中性紙、厚口]、鉛筆、練り消しゴム、ホルダー型プラスチック消しゴム、サッピツ、定規、はかり棒
【制作者】G.K


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程1

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程1

まず、定規で正確に測った画用紙の中心を記しています。


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程2

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程2

長方形であるJENGAのパースを一つ一つ正確に描かなければなりませんが、まずは、感覚を養う訓練もかねて、はかり棒やデスケルなどを使って、大まかに画面へ素早く描いていくようにしましょう。

 


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程3

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程3

ある程度、画面へ描くべき対象がおさまってから、形の狂いを見つけて直していく必要があります。

また、よく見ると、奥のタワー状の積み木は歪んでいたり、傾いていたりするので、微妙な変化を見逃さないようにするべきでしょう。

崩れているJENGAの重なり具合なども、どのように重なっているか観察しておくと良いでしょう。

パースの狂いを一つ一つ見つける方法としては、描いている画面を離して、想定している消失点に向かって消失していくか確認すると良いと思います。

その際には、まっすぐな測り棒を2本用意して、一つ一つのJENGAの側面に2本の棒を重ねて、JENGAの側面の延長が、想定している消失点で2本の棒が重なるか確認すると良いと思います。

また、不規則な方向へ向いているJENGAの消失点は平面に乗っているJENGAとは消失点が違ってきます。


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程4

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程4

形が正確であることを確認してから、陰影をつけていきましょう。


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程5

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程5

陰影を描いていくと、同時に形に歪みが出てきますので、それらを修正しながら描き進めます。


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程6

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程6

JENGA全体の陰影を大まかに描いたら、1つ1つのJENGAの表情をとらえていきましょう。


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程7

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程7

JENGAの特徴が良く出ているのは、形の変わり目である角の部分です。

また、おなじJENGAでも、手前と奥での表情を描き分けてみましょう。


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程8

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程8

本来、この辺りから、“JENGA”の文字を描いていくと良いと思いますが、制作者は、まだ後回しにしているようです。


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程9

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程9

JENGA自体の影は重要で、一つ一つの影に整合性があれば、全体に一体感が生まれてきます。

また、投影の微妙な変化にも注意して描き分けていきます。

このモチーフですと、投影の部分がもっとも暗い個所になるので、早めに描き進めておくと、全体が見えやすくなるでしょう。


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程10

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程10

このデッサンでは3次元のモチーフを2次元の画用紙に写実的に描いていっているので、手前と奥での意識がとても重要です。


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程11

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程11

モチーフを見るときに、自分がどの特徴をモチーフから見出しているのかをしっかり意識して、描いていきましょう。

そして、その特徴をどのように描けば表現することができるでしょうか?

例えば、一番手前にあるJENGAを一生懸命描けば、そうでない個所は自然と奥におさまっていきます。


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程12

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程12

手前を一生懸命描いたら、手前から意識がどのように向かうのか考えてみましょう。

例えば物を見るとき、手前がわかって、奥がわかれば全体の構造は大まかに把握できます。

だから、手前を描いたら、奥を描くと見やすいデッサンが生まれてきます。

これは人間の視覚的な認識の方法を応用した描き方で、説明的なデッサンに陥りやすいともいえますが、一度は理解して描く技術を身につけるべきでしょう。


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程13

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程13

ここで制作者が“JENGA”の文字を描き始めました。

ちょっと後回しにしていた分、文字のおさまりが悪く、浮いていたり、大きさもまちまちになっているようです。

もっと早い段階であたりを付けておくことが大事だと思います。


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程14

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程14

この状態で、もっとデッサンを良くするには全体の陰影のバランスと一つ一つの関係性、ディテールの細密描写などになってくるでしょう。

背景は描いていない分、一生懸命描きましょう。


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程15

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程15

いまいち陰影が判然としないので一生懸命描きましょう。

また、JENGA一つ一つの角があいまいになっているので、木材の質感が伝わってきません。

また、木目もしっかり描いていき、木材の雰囲気を描いていきましょう。


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程16

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程16

“JENGA”の文字を後に入れたため、修正ができなくなった部分が多々あるようです。


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程17

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程17

ある程度、一つ一つを修正したため、見やすくなってきています。


JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程18

■JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程18

制作者が、これ以上良くならないと終了しました。

>>>JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン描き方過程

完成画像>>>JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン


You Tubeの動画で『JENGA(ジェンガ)の鉛筆デッサン』見る!

ページの上へ