デッサンの意味と目的|デッサンとは何か

デッサンは絵画や造形を見る能力を高めます。そして、デッサンの描き方や能力を高めることで、視覚的感性を高めることができます。

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

デッサンの意味と目的

デッサンとは何か|デッサンの描き方と基礎技法

デッサンは思考するための言語である

現在デッサンは、インターネットや絵画教室、本、カルチャー講座において学ぶことができます。
その目的はさまざまで、”絵が好きでうまくなりたい!”という方は多くいることでしょう。”造形の基本を学びたい!”という人は少ない方だと思います。また、絵がうまくなるためにはデッサンを学ばなくてはならないという強迫観念をもっている方もいるのではないでしょうか?

そもそもデッサンの意味と目的は一体何なのか、自分なりに考えてみることは必要なことかもしれません。
一般的にデッサンは、何らかの造形作品を制作するための修練の方法として位置づけられています。また、デッサンの最終的な目的の一つはセンスを磨くことです。それは、洗練された色彩と形態を駆使して自分の感情や考えを表現していけることです。また、デッサンによって培われた作風、理論、技能などが作品へと高められることは、自分のみならず、作品を取り巻く世界の財産になることでしょう。

しかし、2次元であるデッサンにおいてできることに限界があるように思われます。デッサンを学ぶことで映像作品や立体作品などに関することをそれほど多く学ぶことができるのか?という疑問です。
そのように考えると立体を設計図として、映像を絵コンテとして平面上で表現されたものを思い浮かばずにはいられません。平面は立体的なものや動きをともなう表現を簡単に誰にもわかりやすく伝える道具の一つとして考えられます。それは寸法や時間のみならず、感情、思想さえも表現し伝えようとするもので、視覚から入る表現された2次元である平面のさまざまな情報が、個々の頭の中でイメージとして広がるものなのです。そして、イメージは3次元の生活の中で応用されていかれるものでもあるのです。

私たちは通常の生活の中で言語で考え、言語を駆使し、意見を言ったり、冗談を言ったりすることで生活を豊かにし、自分を表現しています。デッサンは生活を豊かにするセンスを高めるため、また自分を表現する作品を制作するための言語を育て上げてくれるものといえます。そのようなデッサンをすることは、表現したいものに達するための思考そのものでしょう。

デッサンと文章の比較

デッサンと文章の比較 ※これは一つの考え方としての例です。
文章 デッサン
単語 点、線、面、色
修飾語 質感、色相、彩度、明度
段落 色彩と形態
文脈 色彩と形態同士の関係、遠近感、量感、動勢
一人称、二人称、三人称、季節、時代 構成原理と造形心理
統一されたテーマ 統一されたテーマ

デッサンをしていく中での理想的なサイクルの例

  1. 表現したいことがある。センスを高める。
  2. デッサンをする。
  3. 造形の要素を学ぶ。
  4. 造形における心理に気づく。
  5. 表現するための構成原理を身に付ける。
  6. 作品を仕上げる。または生活におけるセンスが高まる。
  7. 更に、表現したいことがある。センスを高める。
  8. 2.にもどる。

デッサンとは何か-目次

次のページ>Page02-クロッキーについて

デッサンとは何か-TOP


ページの上へ