音楽を聴きながら思いっきり描く|右脳で描くデッサン

音楽から画像を引き出す作業から右脳を鍛える

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

音楽を聴きながら思いっきり描く

右脳で描くデッサン|デッサンの描き方と基礎技法

音楽を聴きながら描く

▼用意するもの▼


▼準備▼


  1. 用紙の形状は自由ですが、最初は用紙を横長にしてみましょう。横長に4,5枚用紙をのりでつなげてください。約150センチ程の長さになります。
  2. 用紙を横長にテーブルに置き描く準備をしましょう。
  3. 後は、音楽を流す準備をしてください。
  4. 音楽を流しながら、描きやすい方向へ(右利きは通常左から右へ)描いてみましょう。端から端までいきましたら、また、元に戻り続けてください。

描くにあたって


実際に描き始める前に、あなたの好きな音楽を流してみてください。 そして、リズムや色、感じられるイメージを体感してください。その感じられるリズム、スピードなど描き出せるものを筆先で表現してみてください。

このレッスンでは考えることは何もありません。自然に感じられることを筆先に運ぶ、ただこれだけです。

音楽があまりにも短いようでしたら、リピートしてください。逆に用紙が足りないようでしたら、用紙を付け足して幅や高さを広げてみると良いでしょう。

用紙の形は自由ですので円形の用紙を用意して用紙をぐるぐる回しながら描いたりして、バリエーションを増やしていきましょう。描き方にも工夫ができるでしょう。

以上で終わりますが、これらは一例に過ぎません。感覚的意識を開放する方法はいくらでもあるでしょう。 そういったことを自分なりに開発することも楽しいことです。

このような絵の制作は描くことの動機や衝動で永遠のものだと思います。

これからデッサンや絵画を勉強して、感覚や知識、技法などの相乗効果で素晴らしい絵を描いていきましょう。

右脳で描くデッサン-目次

次のページ>Page04-右脳で描くための本

右脳で描くデッサンTOP


ページの上へ