情報を捉える|デッサンのポイントを探る

デッサンのポイントを知るには目の特性、性能、性質から理解しなければなりません

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

情報を捉える

デッサンのポイントを探る|デッサンの描き方と基礎技法

デッサンを目の働きから考える

対象を見る時の目の動きを「サッケード」といいます。

人間の視野は水平方向180度、垂直方向130度ほどの楕円の範囲といわれています。しかし、この範囲が全て一様にはっきり見えているわけではありません。網膜にある錐体細胞が多く集まった 部分に映る像が一番明瞭に見ることが出来ます。その範囲は約2度程度といわれていて、視野にあるほとんどの部分は ぼんやりと目に映っていることになります。しかし、眼球が常に動いていることで視野全体を明瞭に感じることができます。

眼球は一点を注視する時間が1/3秒といわれ、その後眼球が1/30秒で移動します。つまり、1秒間に3点を注視し、3回移動 していることになります。

そこで何を基準にしてものを注視しているのかが気になるところです。注視することによって、目に映る像をどのように把握しているのか知ることでデッサンに役立てることができるかもしれません。

デッサンと対象物の特徴

ものを認識する場合、それぞれのものの特徴が重要な情報になります。実はものの特徴に目が多く注視されることが 知られています。では、ものの特徴、形の特徴とはどのようなものであるだろうか考えてみましょう。

四角い形なら、当然4つの角が重要な特徴でしょう。球体ならば前に出てくるふくらみ、後ろへ回り込む 変化が重要なのではないでしょうか。ものの質感を感じることができる部分も重要でしょう。

金属、紙、ビニールなどの特徴を考えてみると 光の反射、強度、透明度、重さなど素材の性質などの特徴が多い部分は重要でしょう。それらの性質がよくあらわれた所に 目は多く注視していると考えられます。

紙が破れていればそこは紙と認識するのにたいへん重要な特徴であろうし、 紙の折れた部分なども大きな特徴があります。多くの場合、紙は四角いわけだから角の特徴も重要なのかもしれません。

このように、ものの特徴を取り上げて認識することは、こちらの意図することを見るものに伝える手がかりになるでしょう。対象の特徴をデッサンとして表現できることは、対象の特徴を見出す観察力が重要で、その特徴をデッサンにする表現力が必要になるでしょう。

あなたの意図するテーマに従い、特徴となる情報を考えてみるといいでしょう。

デッサンのポイントを探る-目次

次のページ>Page02-記録された眼球運動

デッサンのポイントを探る-TOP


ページの上へ