造形を支える形の柱|自分の形、心の形

ゴッホから読み解く絵画やデッサンの自分の形、心の形について

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

造形を支える形の柱

自分の形、心の形|デッサンの描き方と基礎技法

画家にとってのリアルな絵画

ゴッホの最後の傑作「オーヴェル=シュル=オワーズ の教会堂」

ゴッホの最後の傑作「オーヴェール・シュール・オワーズの教会堂」この絵から皆さんはどんな感想を抱くでしょうか?

濃厚な色彩、激しい形、ゆがんだ教会、ゴッホ独特の筆のタッチによってできたマチエール。そのようなものが一体になって、見るものに訴えてくる何かを私たちは感じ、驚嘆、感動、衝撃…色々な感情を呼び起こします。

この絵は、実物とは当然色も形もちがっているでしょう。実物とそっくりに描くことが重要でないことは明白なことではあります。では実物のモチーフ以上に、画家が画面に描写した形や色の根拠は一体どこにあるのでしょうか?

ゴッホより前に、前期印象派と呼ばれる人の中には、写実的な絵画が流行する中で、より現実的な空気感、雰囲気と言うものを画面に表現しようとした画家が多数現れています。

これはある意味、よりリアルな絵画を追求していく姿勢だと捉えることができます。外の世界のリアルさを追求した結果、写実的絵画の役目が美術史上では一旦終わりをつげます(詳細は割愛します)。その後、後期印象派と呼ばれるゴッホなどの画家が生まれます。

外の世界のリアルさではなく、自分の内側のリアルさを追求することになります。そして、個性的な絵画として誕生していくことになります。これは画家個人の内にある、リアルな精神の表象といえるでしょう。まだその時代では、そのような絵画、造形の考え方が世間には浸透せず理解されませんでした。その結果、画家にとってリアルでも、多くの人には理解しがたい絵画が多く誕生しました。

絵画のテーマとシステム

しかし、今ではゴッホのような絵画を理解できない人は少ないはずです。ここで絵画を成立させているものは何かを再度考えてみたいと思います。絵画を成立させるものとして大きな要素となるものはシステムと言えます。

システムと言うと機械的で肌に合わない方がいらっしゃるかもしれません。文章に例えれば文脈といえます。当然文脈にはテーマがなければ成り立ちません。当然絵画にもテーマが必要ということになります。

つまり、写実派でも、印象派でも何らかのシステムの上に成立されています。宗教的な絵画などでは多くの人に同じような共感が生まれるようなシステムに必然的にならざるおえないでしょう。それは正に職人技です。それを思えば画家が工房をかまえ、弟子を持つことも当然なことかもしれません。

しかし、現在ではそのような工房は少なくなり、個性的な絵画を制作する工房や教育現場が増えています。そのように求められる個性は、イラストやデザインにも要求されます。個性的な絵画は個性的なシステムがあるかどうかが重要ということになります。

そのシステムの中で核となる形、形体に注目して考えみます。ゴッホの絵のシステムを支える独特なタッチ、タッチによってできた画肌、ゆがめられていく教会のゴッホ独自のシステムにある形の根拠を探りたいと思います。

自分の形、心の形-目次

次のページ>Page02-あなただけの形を思索する

自分の形、心の形-TOP


ページの上へ