様々な道具を併用して新しい画肌、マチエールを|マチエールと画肌

テーマに従って描かれたマチエールは独自の技法をも伴っている

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

様々な道具を併用して新しい画肌、マチエールを

マチエールと画肌|デッサンの描き方と基礎技法

新たなマチエールへの試行錯誤

描く際には、画用紙などの基底材でよろしいかとおもいますが、木製パネルやアクリル用のキャンバスでもよろしいかと思います。

アクリルは水で薄めたり、よく乾かしてから重ね塗りするなどして、目的の画肌を作り出してほしいと思います。

ヒントとしては、最初にジェッソやモデリングペーストなどで凹凸をつけながら希望のマチエールになるように近づけていくことが一番重要と考えます。その後、そこに描写をしてみることで最初に仕込んだジェッソ、モデリングペーストにより、面白いマチエールができることでしょう。

黒で描写する際は画面が乾いた状態でする事がよろしいでしょう。その後、溶かした黒をたらし込んだり、擦り付けたり、色々と魅力のあるものに近づけていってほしいと思います。

ジェッソには砂を混ぜたり、おがくずを混ぜたりする事が出来ます。その凹凸はなかなか描写するのみでできるマチエールではありません。いろいろなものを組み合わせることで新しいものを生み出すことが重要です。

一貫したテーマからできるマチエール

現在には多くのマチエールを生み出すために、様々な技法があり、みなが真似ているのが現状です。なかなかオリジナルを作り出すことは難しいし、骨の折れることなので、既存の技法に頼る人が多いことも事実でしょう。

様々なマチエールは一つ一つがかなりパワーを持って迫ってきます。一枚の絵に様々なマチエールがあれば それは、様々に響きあって、ある意味力強い絵が出来上がるでしょう。

しかし、そこには一貫したテーマがなければ意味がないのです。ただ、技法を追い求めてはなりません。目的、テーマがなければなりません。そのことは決して忘れてはいけないのです。

力強いマチエールを生む技法は良い絵にするための技法ではありません。必ず、描写をする際は、目的、テーマを持って望みましょう。漠然とした雰囲気でも良いと思います。音楽を聴きながら、その雰囲気を描写してみても良いでしょう。

マチエールと画肌-目次

次のページ>Page03-マチエール、画肌の原点を考える

マチエールと画肌-TOP


ページの上へ