デザインの構成と制作|平面構成のヒント1 構成とは

デザインの世界から構成の方法を考える

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

デザインの構成と制作

平面構成のヒント1 構成とは|デッサンの描き方と基礎技法

デザインと構成

デザインの現場は一体どのようなものでしょうか。仕事としてデザインをするとき発注元のクライアントがいて、その要望にこたえることはもちろん、デザインによって、物が売れたり、宣伝効果が大きくなければまったく意味のないものでしょう。基本的にデザインは商業的なもので、あるデザインによって、商品が売れたり、宣伝効果があった結果、大多数の人が喜んだり、美しさを感じたり、幸せにならなければならないでしょう。

デザイン制作に携われば、クライアントや多くの人を納得させ、感動させる個性が必要になってきます。そのためにも、多くを経験し、感動し、それを表現できる技術、技能を養わなければならないでしょう。そのためにも不可欠となる構成能力を育まなければなりません。

デザインという仕事の流れ-制作のプロセスとは?

▼仕事の依頼
▼何を描くか!?何が描けるか!?何を描きたいのか!?
・目標の設定
・テーマの設定
・資料の収集、依頼されたデザインにかかわるさまざまな調査と分析。
・誰にも理解できるコンセプト(考え方、概念、構想、方針)を決める。

▼デザイン作業のはじめ
・構成要素(エレメント)の選択をする。
・モチーフを選択する。
・心理的効果がねらい通りかの確認をする。

▼構成
・構成手法を吟味する
・バランスを見る

▼作品としての制作へ
・制作手法を吟味する
・レイアウトを決めていく

▼設定した設計図にどのように描くか?
・表現技法を吟味する
・画材を吟味する
・試作を繰り返して突き詰める

▼作品を完成させる
・クライアントの依頼に反していないかを確認する
・当初の目標に達しているのかを確認する

上のような例を参考に自分独自の仕事の流れ、スタイルを作っていくことが大切です。ここでは主に、デザインの現場を主に紹介しておりますが、何かを表現するときの参考になると思います。
例えば絵画で自己表現をするときは、クライアントは基本的にはいないので、それを想定して考えることで絵画の意味やデザインとの違いなどを思考することができます。そのことであなたの表現がデザイン志向なのか絵画などによる自己表現志向なのかも分かるのではないかと思います。

平面構成のヒント1 構成とは-目次

次のページ>Page03自己表現としての構成と制作

平面構成のヒント1 構成とはTOP


ページの上へ