明度の量と構成|平面構成のヒント2 明度の量

構成の要素である明度の量から画面全体を構成する

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

明度の量と構成

平面構成のヒント2 明度の量|デッサンの描き方と基礎技法

構成の要素と明度


       
 

構成の要素として、明度の量を画面全体から考えてみましょう。絵を見たときに、最初の印象として重要な要素です。単純に黒っぽい絵、灰色の絵、白っぽい絵があるとします。黒い絵は重々しい印象を与えます。中間色の絵はどんよりとしていて、中途半端であまりインパクトがないように見えます。白っぽい絵は軽く、弱々しさを感じます。
画面全体の明度が与える印象はさまざまですが、多くの人に共通した印象として、どのような心理的効果が生まれるのか考えなければならないでしょう。

画面全体の明度の効果は、漠然と描いていくことで生まれるものではありません。はじめに、エスキースなど下書きで設計しておくことが望まれます。そのためには、どんな印象をみるものに与えたいのか狙いを持っていなければならないでしょう。
下にある様々な明度差のある画面を見てどのような印象を与えることができるか考えてみてください。

   
 
 
   
 
 
   
 

   
 
 
   
 
 
   
 

   
 
 
     
 
     

   
 
 
 
   
   
 

明度の量を考えるヒント

明度の量を考えるヒントとして、まず大きく3つの明度の差を決めて、その量の配分からどのような印象が生まれるのかを紙と鉛筆を手にして、描いてみることです。
黒、中間色、白と大きく明度差をつければはっきりとしたメリハリのある印象があります。また全体が均一の明度の幅でも、しっかりと明度差を決めておくことで繊細な、美しい画面が出来上がりそうです。全体が黒い画面や白い画面に、小さい面積で白や黒が入ることでそこに視線を向けることができます。

最初に決めた、大きな3つの明度差を崩さないように画面を構成することで狙いどうりの印象を見るものに与えることができるでしょう。決めた明度にモチーフをあてはめることで認識力は増すことでしょう。時には黒いモチーフを明度にあわせて白くすることもあるでしょう。

最初から色を使って描くことが決まっていても、最初に明度の設計を怠ってはならないと思われます。色には明度、彩度、色相とありますが、色のついている絵では、明度、彩度、色相の中で最初に見るものに与える印象は明度といわれています。

平面構成のヒント2 明度の量-目次

次のページ>Page02-抽象的な視点と構成

平面構成のヒント2 明度の量TOP


ページの上へ