動き(ムーブマン)から見た量感(マッス)|平面構成のヒント3

文字に潜む形態を素直に感じ取り、動き(ムーブマン)や量感(マッス)を導き出す

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

動き(ムーブマン)から見た量感(マッス)

平面構成のヒント3 画面の動き|デッサンの描き方と基礎技法

文字に潜む動き(ムーブマン)と量感(マッス)

さて、文字一つ一つに動きがあるように、文字の全体的形から生まれる重さというものもあります。 全体の動きや、形から発せられる重さは画面全体のイメージに関わってくるでしょう。そんな点にも注目して考えてみることは構成の要素を理解する上では大切なことだと思います。

構成のヒント3 画面の動き…動き(ムーブマン)から見た重量(マッス)

漢字の[山]を見ると重心が下にありどっしりとしています。[下]は上に重心があり、[申]は中央に重心があります。一は静かに横たわっており、[川]になると重心が下に流れていき、重心よりも動きの強調が目につきます。

アルファベットや数字にもそれぞれに重さに特徴があると思います。重さ以外に動きの面白さ、例えば[Q]という文字の動きの面白さをあらためて感じられるのではないでしょうか?!このような身近なものから面白い動きや、全体から感じられる特徴を見出すことも、新しい表現の発見につながることでしょう。

平面構成のヒント3 画面の動き-目次

構成のヒント3 画面の動き…TOP


ページの上へ