絵画教室、教師を見極めろ|絵画教室のすすめ

自分のテーマやテーマのための描き方は自分で見つけるしかない

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

絵画教室、教師を見極めろ

絵画教室のすすめ|デッサンの描き方と基礎技法

あなたの能力を引き出す教師と絵画教室とは

絵画教室、カルチャースクールなどのアトリエの講師、教師の教えたいこと、教えていることを見極めなければなりません。なぜなら、アトリエの講師、教師が自分の描き方を教えている場合があるからです。そのようなアトリエで教わる事で次第に、教師の描く絵に近づいていってしまうという現象がおきてしまいます。もし、その教師の絵のファンで最初から同じような絵を描きたかったのであらばそれは本望なのですが、大多数の方は、自分のオリジナルの表現がしたいでしょう。そんな方にとっては、教師の描き方を教わる事は非常にマイナスです。

しかし、どこからどこまでが、絵画の基本的な要素で、どこからどこまでが、教師独自の描き方なのかを見極めることは非常に難しいことです。それを判断するヒントは、この描き方、描く要素は何が狙いなのかということです。”この描き方で自分のテーマ、目的を表現できるのか”ということが判断基準のひとつになるでしょう。

例えば、教師の絵画のテーマが水で、本当に水を描かしたらすばらしいとします。その教師に教わるあなたが岩をテーマに絵を描いていたとしたら、教師とは違う表現方法をとらなければ表現することは難しいと思います。そこに、あなたと教師の絵を表現するための絵画の要素の違いが判別できます。逆に教師と同じ絵画の要素も判別する事ができます。

それを見極めることで、”あなたの教師は教師のテーマまでもあなたに教えようとしているのか?”逆に、”あなたの教師は絵画、造形の要素は教えるけれど、テーマは自分で見つけて表現方法も自分で考えさせようとしているのか?”がわかるでしょう。もし、あなたが前者の方に教わっているなら、あまり、いい状態ではないことをお伝えします。特にその教師から離れるべきだとはいいませんが、見極めておくことが大切です。

絵画を学ぶための学校を検索する

美大・芸大予備校の中には、一般向けの教室が併設されているところが数多くあります。特に大学や専門学校を目指そうと思わなくても、気軽に問い合わせてみましょう。私の知っている予備校では、高校生に混じって、おじいちゃんや主婦の方が一緒に描くこともありました。

美大・芸大予備校、絵画教室リンク集

本格的に絵画や芸術を学ぶなら、おもいきって通信制の大学へ入学するのもひとつの手でしょう。一線で活躍する画家や芸術家、美術家に直接指導をしてもらえる機会がスクーリングなどで多くあります。ここから、新しい自分を発見することもできるのではないでしょうか。デッサン力を向上させ、自分の作品を育む学習の場としておもしろいかもしれません。資料の請求ができます。

通信制美術大学・芸術大学のリンク集

絵画教室のすすめ-目次

絵画教室のすすめTOP


ページの上へ