配色の基本|色彩デッサンのために

明度と彩度をコントロールして配色の基本を身に着ける

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

配色の基本

色彩デッサンのために|デッサンの描き方と基礎技法

配色では明度を無視するな

R









9.5









9









8









7









6









5









4









3









2









1
14 12 10 8 6 4 2 1 0

このマンセル表色系の色相Rの図を見ると純色であるRは彩度が14に位置し、明度が5に位置することが分かります。この色を白へ近づけたり、黒へ近づけたりすることで段階的に彩度が弱まっていくことが分かります。

Y









9.5









9









8









7









6









5









4









3









2









1
14 12 10 8 6 4 2 1 0

このマンセル表色系のYの図を見ると純色であるYは彩度が14に位置し、明度が8に位置することが分かります。この色に白や黒を加えた時、彩度の変化と明度の変化は色相Rと比べ違うものになります。

つまり、ある色相に同じ量の白や黒を加えた場合、基準となる最初の色相の彩度と明度を基本とし、彩度や明度は変化していきます。 これは当然なことですが、色相の彩度と明度の特性を理解していないと配色する時に失敗をおかしかねません。

例えば明度が安定している画面ではあるものの、彩度がばらばらになっていることで不快感が生まれる。また、彩度が全体的に安定していても、明度のコントロールができていなくて見るものに説得力がなくなるなどさまざまです。

配色を考える時いろいろな問題に直面します。色彩デッサンの目的の一つには、画面における色同士の関係を構築することがあげられます。それぞれの色の特性を考え、色同士の相互作用をコントロールできるように色彩デッサンに励まなければなりません。

いろいろな問題を解決するため、安定しやすい配色の方法があります。例えば同系色の配色、類似色の配色、補色の配色などを利用することで色彩を調和させることができるでしょう。色彩をデッサンに利用する場合、これらの方法論を積極的に取り入れ、自分のテーマや目的のために試行錯誤していくことが重要でしょう。

色彩デッサンで役立つ用語

色相
色の三要素のひとつで、色相とは赤、青、緑のような色味のことを表します。
彩度
色の三要素のひとつで、色の鮮やかさの度合いを表します。
明度
色の三要素のひとつで、明るさを示す度合いを表します。 白は最も明度が高く、黒は最も明度が低い。
純色
それぞれの色の中で最も彩度の高い色を純色といいます。
明清色
純色に白だけを加えた色をいいます。明度は高く、彩度は低くなります。明清色と暗清色を合わせて清色といいます。
暗清色
純色に黒だけを加えた色をいいます。明度も彩度も低くなります。 明清色と暗清色を合わせて清色といいます。
濁色
純色に灰色(白と黒)を加えた色をいいます。色は濁ります。中間色ともいいます。
無彩色
無彩色とは、彩度のない色です。白、黒、及びその中間にある全ての灰色を指します。
有彩色
有彩色とは、彩度のある色です。色の3要素である色相、彩度、明度の特性を全て持っています。
同系色
色相環で隣り合った色の組合せ、たとえば赤と黄色の組み合わせなどです。赤とオレンジのように色相環で近ければ近いほど同系色の性質は強まります。
補色
ある2つの色を混ぜたとき、灰色(無彩色)になる色を、互いに補色の関係にある、といいます。 色相環上では、反対側にある色が補色の関係にあるといえます。しかし、補色の関係にあっても、絵具の場合、各色により明度や彩度が異なり、単純に2つの色を混ぜただけでは灰色にはなりません。 補色は、温度感(寒色、暖色)や感情など、色が与える心理作用でも相反する性質をもち、配色の上で重要な要素です。お互いが相反する作用があるということは、うまくコントロールすることで一方の色相の効果を強めるために一方の色相が強い影響を及ぼします。
バルール
バルールとは色の彩度や明度の対比によって生じる、画面の中における色の強さです。例えば、全体の中で目立っている色があると、その色は全体の中で「バルールが高い」といえます。色価ともいいます。

色彩デッサンのために-目次

次のページ>Page04-配色計画

色彩デッサンのために-TOP


ページの上へ