明度の錯覚と錯視効果|視覚の生理現象と心理学

明度の錯覚と錯視効果から感じ取れる心理作用や生理的現象を絵画に応用する

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

明度の錯覚と錯視効果

視覚の生理現象と心理学|デッサンの描き方と基礎技法

マッハバンド/マッハの帯(Mach Band)

マッハバンド/マッハの帯(Mach Band)

マッハバンド、またはマッハの帯と言われる図です。WHITEからBLACKの線であらわしたように、輝度が均一な領域が3つあり、それらの輝度を一定割合で変化した輝度勾配領域が結び付けています。 均一な領域から勾配領域の境目に物理的にないはずの勾配を知覚することができます。これらの現象を起こす帯をマッハバンドと言います。

クレイク・オブライエン・コーンスイート効果(Craik-O'Brien-Cornsweet effect)

クレイク・オブライエン・コーンスイート効果(Craik-O'Brien-Cornsweet effect)

この図では、左から薄い灰、濃い灰、薄い灰、濃い灰、薄い灰の面が並んでいるように見えます。

しかし、実際にはWHITEからBLACKの線であらわしたように、全体的には同じ輝度で統一され、面と面との境界に輝度の勾配領域があるだけです。勾配領域の輝度が面の均一領域に影響することで、面全体の輝度が境界の輝度勾配の輝度に近づいて見えています。

シュブルール錯視(Chevreul illusion)

シュブルール錯視(Chevreul illusion)

シュブルール錯視はよくマッハバンドと間違われることが多いです。この図はWHITEからBLACKの線であらわしたように、階段状に均一な輝度が並んでいるだけです。

物理的に均一な輝度領域の並びであるにもかかわらず、実際には波打って見えています。これは隣接した面が相対的に暗い面の境界は実際より暗く、明るい面の境界は実際より明るく見える生理的現象です。

このことによって、面と面との境界部分が強調され輝度勾配があるような錯覚が生じます。そのために波打って見えています。

明度の錯覚と錯視効果からデッサンや絵画に応用するために

これらのように、物理的に正確な数値で作り上げた画像だとしても、人間の生理的要素を無視しては思いもよらない錯覚が生じます。デッサンや絵画を制作する上で、人間の生理的要素や感覚器官を通してどのように物が見えているかを知っていれば、作品制作での表現の幅を広げることもあります。特に知らなくてもいい作品は生まれていますが…

ただ、実際に作品を制作する上で、作品の出来上がりが思うようなものにならない場合、このような生理現象を知らないだけのこと、ということは多くあります。

シュブルール錯視は縁辺対比という現象-縁辺対比を利用するにおいて先に紹介しております。

視覚の生理現象と心理学-目次

次のページ>Page05-色彩の錯覚と錯視効果

視覚の生理現象と心理学-TOP


ページの上へ