デッサンと陰影|影の描き方

モチーフの影や投影を観察したデッサンの描き方

デッサンと言う礎|デッサンの描き方と基礎

デッサンと陰影

影の描き方|デッサンの描き方と基礎技法

デッサンと陰影の言葉

デッサンで影という場合、いろいろな意味にとられることがあります。しっかり、特定の部分に注意が向くような言葉遣いが要求されます。とはいえ、当サイトでもその点誤解がある表記があると思います。今後、改善したく思っています。

下記に、良く使用される陰影についての言葉の表現と意味をまとめてみました。

明部
光源から発せられる光が直接あたる部分
暗部
光源から発せられた光が遮られ直接あたらない部分。陰影のこと。
明暗境界線
明部と暗部の境界
陰影
陰影とは光が物体などで遮られることでできる陰と影のことをいいます。
陰、シェード、shade
陰は光を遮ることによってできた物自体の暗部の領域を指してます。光が物自体によって遮られ地面などにできる影は含まれません。
また、英語でいうシェード(shade)は、デッサンでは陰のことを指す場合が多いです。
観察者にモチーフの陰の部分を意識させる場合、『モチーフの暗部』などと言うことが望まれます。
影、シャドウ、shadow
影は厳密には物自体の形状によって地面などにできる影(投影)のことで投影と同じです。
しかし、デッサンで『影』と言う場合、『陰影』のことと誤解されがちなので使用には注意しましょう。
また、英語のシャドウ(shadow)は、デッサンでは影のことを指す場合が多く、この言葉も『陰影』と誤解されやすいです。
投影、影法師、ドロップシャドウ
物によって光が遮られることで物の形状が地面などに映し出されてできた影ののことを言います。『影』や『シャドウ(shadow)』では誤解があるため、この言葉を使うことが望まれます。
投影の形状は、光の性質や角度、明暗境界線の形、映し出される場所の3つの関係で変化します。
シルエット
シルエットは、あらゆる物やイメージを一つの形に象徴化して、芸術作品やデザインに利用される輪郭の中を塗りつぶした単色の画像である。
例えば影絵や切り絵などで利用される。また、デザインで歩く人などの人物の表現で、人の形をデザインし、色は黒や白など一色で表現されている。

モチーフの暗部と反射光

下図は光源より光が球体に照射されている図です。 球体は地面に接地せず、浮遊している状態を表現しています。板状のものは反射する光のイメージ図になります。

デッサンの影と反射光

球体は明部と暗部に大きく分かれています。暗部ではさまざまな方向から反射された光の影響で同じ暗さにならないことがわかります。実際の室内では床や壁などが反射板の役割をし、光源からの光を反射して物体を照らします。また、大気の中では塵や水蒸気などの影響でさまざまに光が反射します。この図では、反射光の影響がなくなれば明部と暗部が月の満ち欠けのようにはっきり見えることになります。

この図の浮遊した球体の明部と暗部は共に反射光の影響を受けていますが、一番暗い所は暗部の中の反射光の影響が少ない明暗境界線付近になります。一番明るい所はハイライトを除けば、球体の頂点になり、明暗境界線の方向へ徐々に暗くなっていきます。また、球体の暗部では反射光の影響が強い面から影響の少ない明暗境界線方向へ徐々に暗くなっていきます。

赤の矢印はハイライトを表示しています。光源の位置と球体の位置が動かなければ、光による明暗は観察者の見る位置が移動しても変化はありません。しかし、ハイライトは観察者の見る位置が移動するとともに移動します。

投影の形と性質

デッサンでの投影の形と性質

上図は、テーブルの上に置かれた球体を手前左上からの光源の光が照射した状態です。特に投影がデッサンでいかに描かれるべきか補助線である矢印に注意して観察してほしいと思います。

矢印は、光源から光が直進していることを表していています。明暗境界線を境に球体の陰が生まれ、明暗境界線の形状が反映されてテーブルに投影されます。この時、投影される影の形は明暗境界線の形状とテーブルの形状、光の方向と角度で決まります。これは、球体だけでなく、どのような形でも同じです。

デッサンでの光と影の要素

下図では、上図のなかにある写実的に再現されるデッサンで描くべき要素をA~Hに分けてみました。

下図を見て、デッサンにおいて、A~Hがどのような要素になるのかを考えてみてほしいと思います。また、球体だけでなく円錐や円柱、正方形ではどのような違いがあるか、色々想定して考えてみてください。また、さまざまな光を用意して実際に実験して観察することも必要なことでしょう。

デッサンの光と影の要素

下図では四角柱が平らなテーブルにどのように影を落としているかを表現しています。
まず、青い線が光の角度です。光の角度が地面に近く低ければ影が伸び、頭上になれば影は縮みます。黄色い線は光の方向です。下の図では、光の角度の線が明暗境界線に触れ、地面に到達します。それらが光の方向の補助線と交わるところで、投影の形状がわかります。

デッサンで捉える四角柱の投影

ハイライトの性質

デッサンで捉えるハイライトの性質

上図では、光源とモチーフの面が固定されているとき、観察者から見えるハイライトは、光源からの面に照射する光と反射する光の角度が等しいことを表しています。

観察者が移動すれば、ハイライトも移動します。光源が移動してもハイライトは移動します。面の角度が変わってもハイライトは移動します。つまり、常に光源と観察者の間のモチーフの面に対する光の入射角と反射角が等しい状態を保ちながらハイライトが移動します。

また、光源とモチーフが固定されていて一定の光が照射されているとき、観察者が移動することでハイライトが移動していても、光によるモチーフの明部と暗部の状態は変化しません。

影の描き方-目次

影の描き方-TOP


ページの上へ