デッサンと言う礎

抽象主義

芸術って何だ!|デッサンと言う礎

抽象主義-抽象絵画の構成原理とは…

■時代

1910年頃

■主な場所

ワシリー・カンディンスキーにより、ドイツはミュンヘンより始まったとされるが諸説ある。

■主な人物

  • ワシリー・カンディンスキー(1866-1944)
  • ピエト・モンドリアン(1872-1944)
  • カシミール・マレーヴィッチ(1878-1935)
  • フランシス・ピカビア(1879-1953)
  • ロベール・ドローネー(1885-1941)
  • フランソワ・クプカ(1871-1957)

■絵画の特色と様式

抽象主義絵画は、写実主義絵画の限界を基点に急速に発展したと考えられる。現実世界の再現をやめて、色や形に本来備わっている造形性や自己の内面を追及するようになることで抽象主義的絵画が誕生することになる。
19世紀末から20世紀初期には抽象主義絵画とはいえないまでも、その芽生えはナビ派やフォーヴィスム、キュビスムの絵画で垣間見ることができる。ナビ派はゴーギャンの影響などもあり、画面を装飾的な抽象模様にするなど、大胆な試みをした。フォーヴィスムは、絵画の2次元性と構成原理として色彩が本来持っている造形性の追及に努め、必然的に絵画の抽象性を模索していたといえる。そして、キュビスムのモチーフの形態にこだわった絵画は、解体・分析・構成を繰り返し、抽象絵画の準備ともいえる活動をおこなった。それらの流れを経た絵画は、抽象主義絵画へ帰結することになる。

20世紀の美術界において大きな偉業を成し遂げた抽象主義は、それまでのナビ派、フォーヴィスム、キュビスムなどのように1つのグループとして展開したものではない。抽象主義は、現実世界の再現性を拒否した絵画が自律性を確立するために世界各地で同時多発的に発生したものである。
最初の抽象主義絵画は1910年前後に始まったとされている。1910年にロシアから来たワシリー・カンディンスキー(1866-1944)が描いた水彩絵画が、一般的に最初の意識的な抽象絵画といわれている。

■抽象主義絵画には下記のように大きく3つの流れがある。

自己表現的抽象

自己の内面を創造活動の基本とした抽象絵画である。色や形は、画家の内面世界の反映であり、作者の内面と表現形式が統一することを目指した。造形要素は内面性の表現手段であり、絵画は自己の内面が造形表現として結晶するものであった。中心的な画家に、カンディンスキー(1866-1944)がいる。

幾何学的抽象

外界の現実を基本にした抽象絵画である。キュビスムの影響を受け、キュビスムの解体と分析などの手法から生まれでたものである。絵画を純粋な造形要素にまで還元し、基本的な世界の根本原理を絵画において表現しようとした。中心的な画家に、ピエト・モンドリアン(1872-1944)やカシミール・マレーヴィッチ(1878-1935)がいる。

造形要素の抽象

外界の現実や自己の内面を否定して、色彩、形態など造形要素そのものに備わっている表現性を主題とした抽象絵画である。それは造形要素に内在する抽象性に表現を与えようとしたものである。中心的な画家に、フランシス・ピカビア(1879-1953)、フランソワ・クプカ(1871-1957)、ロベール・ドローネー(1885-1941)がいる。


自己表現的抽象

カンディンスキー(1866-1944)

カンディンスキー,Impression III Concert, 1911年
[Impression III Concert, 1911年]

カンディンスキーは『青騎士』といわれるグループの中心的存在であった。そのグループによって抽象絵画が研究された。それは自分自身の内面を絵画によって表現するもので、幾何学的抽象とは違いっていた。
カンディンスキーの作品には、「コンポジション」「即興」などの音楽的な題名が多い。それは、彼が「最も純粋な芸術」のモデルを音楽にしていたことにある。その表現にはダイナミックなものが多い。
彼は、形態の問題でもっとも大切なものは、その形態が"内的必然性"から生まれ出たものかどうかであると考えた。形態が個性的であるとか、流行っているかどうかは問題ではなかった。


幾何学的抽象

ピエト・モンドリアン(1872-1944)

ピエト・モンドリアン,赤、青および黄のコンポジション,1930年
[赤、青および黄のコンポジション, 1930年]

モンドリアンはオランダのアメルスフォールトに生まれる。39歳の時にパリに出てくると、ピカソやブラックのキュビスムに惹きつけられた。
キュビスムの美学を徹底させていくモンドリアンは、水平と垂直な線の組み合わせだけにもとづいた幾何学的な構図に達した。色彩面では赤、青、黄の三原色と白黒グレーだけを使用する。彼は、最も基本的な世界の原理にまで達することを信じ、絵画を純粋な造形要素にまで還元しようとした。
モンドリアンの活動は『ネオ・プラスティシスム(新造形主義)』の運動にまで発展した。


カシミール・マレーヴィッチ(1878-1935)

カシミール・マレーヴィッチ,Black Cross, 1923年
[Black Cross, 1923年]

マレーヴィッチはレジェやピカソのキュビスムの影響を受け、独特な抽象絵画を制作した。彼の作品は正方形や十字形、長方形などの単純な形態を組み合わせた構成がみられ、モンドリアン同様に『幾何学的抽象』とみることができる。
しかし、モンドリアンが空間の分割を中心的な課題にしていたのに対して、マレーヴィッチは抽象的な形の組み合わせを中心の課題としていた。
マレーヴィッチは自己の活動を『シュプレマティスム(絶対主義)』と称し、絵画を純粋な感性の絶対表現であるとする美学を主張した。


造形要素の抽象

ロベール・ドローネー(1885-1941)

ロベール・ドローネー,エッフェル塔, 1910年
[エッフェル塔, 1910年]

ドローネーも『セクションドール』というグループの一人。ピカビアとともに、同じ理念における抽象絵画を探求する。


フランシス・ピカビア(1879-1953)

フランシス・ピカビア,La nuit espagnole, 1922年
[La nuit espagnole, 1922年]

『セクションドール』というグループの一人。『セクションドール』は、キュビスムの一派とみられるが、キュビスムから影響を受けたモンドリアンのような構成原理を求めた幾何学的抽象ではなかった。それは、華麗な色彩とリズミカルな動きのある構図で暖かく華やかな抽象絵画を探求するものだった。


フランソワ・クプカ(1871-1957)

フランソワ・クプカ,Plans Par Couleurs, 1910-1911年
[Plans Par Couleurs, 1910-1911年]

クプカも『セクションドール』というグループの一人。ピカビアやドローネーに比べ、クプカの作品には構成的な意図が強い。また、音楽的な題名の作品が多く律動的な特色が認められる。

  1. <<< 芸術って何だ!TOPへ戻る

PAGE TOP