デッサンと言う礎

岡本太郎

芸術って何だ!|デッサンと言う礎

芸術は爆発だ!-岡本太郎が伝えたかった芸術!

「芸術は爆発だ!」とテレビで叫んでいた岡本太郎を記憶に留めている方はまだ多くいるでしょう。それは、とても奇抜で、芸術家というのは変わり者だと印象づけてしまうようなものだった。しかし、彼の逝去後、作品や書籍をあらためて見返すと彼の存在はますます大きくなっていく。

彼の遺した本を読むと客観的な視点による芸術の意義、人が本当の意味で生きていくために芸術が日常には不可欠だということが本当にわかる。

特に、私が感銘を受けた書籍は、1954年に光文社から発売された『今日の芸術』である。1954年といえば半世紀も前のものだが、そんな古い書籍が今でも売れつづけている。『今日の芸術』という題名から、1954年の頃のことが書かれていると思ってしまうが、読んでみるとびっくりするくらい現代人が慢性的に抱えている人生の悩み、病のようなものに関わる内容であることがわかる。岡本太郎自身が意図したのかわからないが、この『今日の芸術』という題名は、普遍的な内容であることを表す格好になっている。

その『今日の芸術』より引用させてもらった「生きるよろこび」という副題のついた文章を読んでもらいたい。


『今日の芸術―時代を創造するものは誰か』
著者:岡本太郎 出版社:光文社


生きるよろこび

まことに、芸術っていったい何なのだろう。
素朴な疑問ですが、それはまた、本質をついた問題でもあるのです。
芸術は、ちょうど毎日の食べものと同じように、人間の生命にとって欠くことのできない、絶対的な必要物、むしろ生きることそのものだと思います。
しかし、何かそうでないように扱われている。そこに現代的な錯誤、ゆがみがあり、またそこから今日の生活の空しさ、そしてそれをまた反映した今日の芸術の空虚も出てくるのです。
すべての人が現在、瞬間瞬間の生きがい、自信を持たなければいけない、その喜びが芸術であり、表現されたものが芸術作品なのです。そういう観点から、現代の状況、また芸術の役割を見かえしてみましょう。


今日の芸術―時代を創造するものは誰か (光文社知恵の森文庫)

著者:岡本太郎 出版社:光文社より引用。


この一説では非常に抽象的かつ、漠然としているが、この文章は冒頭部分にあり、彼はこの文章をひも解くように具体的に解説していく。

私が岡本太郎の本を読んだ感想としては、芸術は受動的ではなく、能動的だ!ということ。しかもそれは、特別な人だけではなく、人それぞれに備わっているべきものである。 例えばスポーツ観戦をし、一喜一憂し、感動している観客がいる。その中で一番光り輝いているのは、選手やコーチ陣たちであるという事実である。観客は自分が能動的になる別のフィールドがあるならよいが、まったく毎日が受動的であったらだめだということである。

つまり、人は人が感動してくれる能動的な自分自身を日常に浸透させることが必要で、その行動自体が芸術と呼べるべきものなのではないだろうか。


お薦めの一冊!Amazon.co.jp

今日の芸術―時代を創造するものは誰か

Amazon.co.jp
芸術家の書く文章の魅力は、何と言っても彼らの創造の秘密をのぞかせてくれることだ。「芸術は爆発だ」であまりに有名な岡本太郎による本書もその例に漏れない。本書は、美術、歴史、民族学など広範な知識を駆使し、論理的に展開しているが、創作者の実体験に基づく論述だけに退屈させない。また全編を貫く著者の芸術に対する深い信念が文章に勢いを与え、読者を魅了する。

今日の芸術-詳細はこちら…


お薦めの一冊!Amazon.co.jp
自分の中に毒を持て
自分の中に毒を持て

お薦めの一冊!Amazon.co.jp
自分の運命に楯を突け
自分の運命に楯を突け

お薦めの一冊!Amazon.co.jp
自分の中に孤独を抱け
自分の中に孤独を抱け

デッサンと言う礎-管理人
あなたの人生をも変える一冊です。読書後の責任は一切負いませんのでご了承ください。 岡本太郎死後、再び脚光を浴びている書籍です。人間であるあなたに問いかける一冊。(デッサンの礎)

自分の中に毒を持て-詳細はこちら…

岡本太郎の最近の動向を探る!

  1. <<< 芸術って何だ!TOPへ戻る

PAGE TOP