デッサンと言う礎

写実主義

芸術って何だ!|デッサンと言う礎

写実主義-バルビゾン派とともに

■時代

1830年から1870年頃

■主な場所

フランス

■主な人物

  • ギュスターヴ・クールベ(1819年6月10日 - 1877年12月31日)
  • オノレ・ドーミエ(1808年2月26日 - 1879年2月10日)

    バルビゾン村で集ったバルビゾン派

  • ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(1796年7月17日 - 1875年2月22日)
  • ジャン=フランソワ・ミレー(1814年10月4日 - 1875年1月20日)
  • テオドール・ルソー(1812年4月15日 - 1867年12月22日)
  • シャルル=フランソワ・ドービニー(1817年2月15日 - 1878年2月19日)
  • トロワイヨン
  • ディアズ
  • デュプレ

■絵画の特色と様式

ギュスターブ・クールベ作,黒い犬を連れたクールベ,1842年
[上図:ギュスターブ・クールベ作,黒い犬を連れたクールベ,1842年, 複製商品-amazon.co.jp]

写実主義は、現実のありのままを描こうとする一派である。それまでの主観的で理想化した歴史画や空想画にはない自然で客観的なものを追求した。 代表する画家は、ギュスターブ・クールベ(1819-1877)やドーミエ(1808-1879)、バルビゾン派のミレー(1814-1875)などがいる。

ギュスターブ・クールベは、理想化、空想化した新古典主義やロマン主義などのアカデミック絵画を否定している。画家は現実に見えているものを忠実に描かなければならないと考えていた。
ドーミエは時代と共に生きることを信条として風刺画を描いた。
バルビゾン派はそれまでにない風景画を描いた。農民の姿を描いたミレーもいる。

写実主義は、農村や都会の日常生活や風景を主題にし、ありふれた世界を絵画として見事に写し出していった。

19世紀中頃、ギュスターブ・クールベやバルビゾン派の写実的絵画は写実主義の頂点に達した。

ミレー作,晩鐘,1858-59年
[上図:ミレー作,晩鐘,1858-59年, 複製商品-amazon.co.jp]

■絵画様式のその後

写実主義の主題は印象派へ受け継がれていく。印象派は、写実主義絵画の技法ではありのままの世界を表現することができないと考え、筆触分割という技法を生み出す。

  1. <<< 芸術って何だ!TOPへ戻る

PAGE TOP