デッサンと言う礎

The Artist's Complete Guide to Facial Expression

人体・美術解剖学|アート・デッサンの本

The Artist's Complete Guide to Facial Expression
The Artist's Complete Guide to Facial Expression

カスタマーレビュー

The Artist's Complete Guide to Facial Expression, 2001/3/20
By お客様
表情を描くには必ず必要な本といえると思います。  顔の基本構成の学習のあと、筋肉、そして表情と続きます。表情については7つのパートに分かれているのですが、喜びだけでも50ページ近く説明されています。  本の最後には、この表情のときにはこの筋肉が働くという1欄表が乗せてあります。
こんなに丁寧に顔を説明している本は今まで見たことがありません。

顔の大百科, 2006/2/4
By kenta "35"
顔の大百科という感じです。表情についてとても参考になります。以前は、雑誌の切り抜き写真を見ながら顔を描いていました。しかし、雑誌の写真というのはライトのあて具合などから考えて、陰影が余りわからない部分が多く、技量不足も手伝って、顔を描いても平面でのっぺりした絵しか描けませんでした。この顔の大百科の場合は、顔の筋肉や表情によって目の形などが細かく載っているので、非常に参考になり、またほとんどが顔のデッサンなので陰影の参考にもなります。
値段は洋書の美術書にしては高く感じますが、和書にしたら恐らく1万以上はするだろうと思われるボリュームです。全編英語ですが、訳せないほど難しいとは思われませんし、基本は絵なので問題は無いと思います。
注意していただきたいのが、あくまで表情の描き方であり、リアルな頭部の描き方では無いと思われますので、ある程度頭部を描ける方がより力になると思います。 このレビューは参考になりましたか? (報告する)

The Artist's Complete Guide to Facial Expression, 2002/11/6
By お客様
写真と絵を用いて、顔の「表情」について詳しく解説しています。
文章量が多く、専門的な単語も多数出てきます。
英語力に自身のある方、翻訳を粘り強くできる方にお薦めです。

The Artist's Complete Guide to Facial Expression―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. 人体・美術解剖学
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る

PAGE TOP