デッサンと言う礎

Modeling the Figure in Clay

人体・美術解剖学|アート・デッサンの本

Modeling the Figure in Clay
Modeling the Figure in Clay

人形作りで活用してます。, 2006/9/24
レビュアー: としきぴ (東京都)
1体の女性像の制作の針金の台から始まり、骨格を作り、その上に体格筋(体格を形作る筋肉)を順次のせていく様子が白黒写真で見られます。全身と角度を変えたアップが制作の各段階にあるので、立体的な造形がどのようにほどこされているのかがわかり、球体関節人形などリアリティを要求される人形の制作に活用できる1冊だと思います。
ことに最終段階の筋肉の上に女性らしいまるみをもたせる(皮下脂肪)の部分は見た目の変化は控えめですが、とても参考になります。筋肉図解の本といっしょに使えばなお効果的だと思います。

ただし、いわゆるアニメ系(?)のフィギア作りにはむかないかもしれません。

立体としての美術解剖図!, 2006/6/5
レビュアー: 萌えるんば
絵を描いたり人形を作ったりする為に、解剖学の本を買う人は少なくないと思います。私もそうでした。ところが実際に骨や筋肉を覚えようとすると、それらを立体として把握しない事には全く役に立たないという事に気付きました。
イラストで骨や筋肉が描かれた本では、なかなか立体として認識できないのですが、この本では立体物の写真なので非常にわかり易いです。しかも、骨からはじまり、その上にどんどん筋肉が乗っていくので尚更わかり易いです!オススメです!
ただしあくまで粘土であるために多少の荒さは気になります。その点で★マイナス1つです。

Modeling the Figure in Clay―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. 人体・美術解剖学
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る