デッサンと言う礎

石田徹也遺作集

絵画集・資料|アート・デッサンの本

石田徹也遺作集
石田徹也遺作集

内容(「BOOK」データベースより)
この作品集は、驚愕の世界を描き続け、31歳で急逝した彼の創作活動10年の軌跡である。
内容(「MARC」データベースより)
「何かずーっと描いてて、描くのが僕だったと思う。描かないと僕じゃないような…」 驚愕の世界を描き続け、31歳で急逝した著者の創作活動10年の軌跡。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
石田 徹也
1973年6月16日、静岡県焼津市生まれ。1984年小・中・高校生対象の公募「人権マンガ」(静岡地方法務局開催)で最優秀賞を受賞。小学1年から6年まで、毎年校内の絵を描く会で特選を受賞。1995年第6回グラフィックアート『ひとつぼ展』グランプリ受賞。毎日広告デザイン賞優秀賞受賞。1996年武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。毎日広告デザイン賞奨励賞受賞。1997年JACA日本ビジュアル・アート展1997グランプリ受賞。1998年キリンコンテンポラリーアートアワード奨励賞受賞。2001年VOCA展2001奨励賞受賞。2005年5月23日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

石田徹也遺作集―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. 絵画集・資料
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る

PAGE TOP