デッサンと言う礎

ヨハネス・イッテン色彩論

配色・色彩学|アート・デッサンの本

ヨハネス・イッテン色彩論
ヨハネス・イッテン色彩論

配色理論を学ぶ人、必見!
2004/07/08 レビュアー: 後藤雅子   愛知県 Japan (引用:amazon.com)
配色理論の基礎の基礎が書かれた著書。 今、沢山の配色理論の本が出版されているが、その原点はこの本にあると思う。
視覚的な配色理論や対比現象といった、 ごく基本的な色彩学理論以外に、交流のあった人びとのエピソード、 彼の色に対する様々な思い等が綴られていて、 読んでいるとまるでイッテンの講義を聴いているようでとても楽しい。
パーソナルカラーのフォーシーズン分類の原点もこの著書の中にある。 色彩を学ぶ人ならば一度は目を通したい1冊である。

(デッサンと言う礎より)
世界的なベストセラー本です。カラーリストを目指すなら、一度は通読したい書籍です。 バウハウスの流れを汲むヨハネス・イッテンの色彩論の概要が記されています。この内容知らずして 色彩はちょっと語れないかも知れません。 ある程度の配色、色彩論を勉強された方にお薦めします。少なくとも、手元に置いて損はない一冊だと思います。

ヨハネス・イッテン色彩論―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. 配色・色彩学
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る

PAGE TOP