デッサンと言う礎

7日間でマスターするレイアウト基礎講座

デザイン論|アート・デッサンの本

7日間でマスターするレイアウト基礎講座
7日間でマスターするレイアウト基礎講座

内容(「BOOK」データベースより)
デザインとかレイアウトという仕事は、特別な訓練を受けた、特に感性の鋭い人しかタッチできない仕事と思われがちだ。しかし本書を読めば、それは錯覚だった、ということがわかる。ごく基本的なことを理解すれば、実は身近で使いやすい技術であることがわかる。謎に包まれていたレイアウトを、一気に身近な技法にしよう。本書では第1日目から第4日目までで「様式」がどのように決まるかを解説した。次に第5、6日目は、絶対にマスターしたい造形の原則を図説し、第7日目は、次のステップへのヒントを紹介している。

目次
第1部 様式を選ぶ(様式効果とは・視覚度・モチーフの訴求度・図版率 ほか)
第2部 形を整える(造形効果とは・信頼される形・主役を明示する・準主役は離す ほか)

7日間でマスターするレイアウト基礎講座―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. デザイン論
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る

PAGE TOP