デッサンと言う礎

ファッションデザインテクニック―デサイン画の描き方

デザイン論|アート・デッサンの本

ファッションデザインテクニック―デサイン画の描き方
ファッションデザインテクニック―デサイン画の描き方

内容(「BOOK」データベースより)
本書は、「デザイン画」の基本と実際を、手による表現からコンピュータを使った応用まで幅広く盛り込み、服飾やファッションにかかわる、学生だけでなく、社会人のテキストにもなるよう構成しています。ファッションデザインのクリエイティブテクニックを、幅広く、具体的かつ詳細に解説、様々な応用も視野に入れた実際的テキストです。

これで5冊め, 2006/4/18
レビュアー: パンダ (アメリカ)
アメリカでファッションデザインを勉強しています、買ってみましたがやはり中身も100点満点です。
ファッション界ではこの本のようにこまめに説明してくれる本は中々ありません。
アメリカの生徒さんに見せたところ、私も欲しい、私も欲しいと頼まれ、これでこの本を買うのは5回目です。
日本語が分らなくても絵を見るだけで分りやすいのはやはり作者が講師であるからでしょうか。

私もこの本を毎日読んでは、ファッション画に励んでいました、今でははじめと比べたら、
はっきり言ってかなり上達しています。プロポーションの描き方、
どのようにファッション画をいかに3dに見せるのがポイントでした。

ファッションデザインテクニック―デサイン画の描き方―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. デザイン論
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る

PAGE TOP