デッサンと言う礎

芸術と青春

その他文献・資料|アート・デッサンの本

芸術と青春
芸術と青春

内容(「BOOK」データベースより)
「青春は無限に明るく、また無限に暗い。」―岡本太郎にとって、青春とは何だったのか。パリでの旺盛な芸術活動、交遊、そしてロマンス…。母かの子・父一平との特異ではあるが、敬愛に満ちた生活。これらの体験が育んだ女性観。孤絶をおそれることなく、情熱を武器に疾走する、爆発前夜の岡本太郎の姿がここにある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
岡本 太郎
1911年、漫画家岡本一平と歌人岡本かの子の間に東京に生まれる。'29年、渡欧。パリ留学中に抽象芸術運動に参加、'40年、帰国。戦後、前衛芸術運動を再開。パリ、ニューヨークなどで個展を開催。'54年、『今日の芸術』を発表。'70年、大阪万博に『太陽の塔』を制作。「芸術は爆発だ!」発言など、表現者としても多彩な才能を発揮。'96年の没後も個展開催や著作復刊が相次ぐなど、「いま生きる人」を魅了し続けて止まない(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

芸術と青春―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. その他文献・資料
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る

PAGE TOP