デッサンと言う礎

脳のなかの幽霊、ふたたび 見えてきた心のしくみ

その他文献・資料|アート・デッサンの本

脳のなかの幽霊、ふたたび 見えてきた心のしくみ
脳のなかの幽霊、ふたたび 見えてきた心のしくみ

商品の説明
脳のなかの幽霊、ふたたび 見えてきた心のしくみ
米California大学San Diego校脳認知センター長V.S.Ramachandran教授の著作。前作「脳のなかの幽霊」(角川21世紀叢書)に続き、脳の臨床研究から得た知見を、分かりやすい表現で書きつづっている。
本書の中でRamachandran教授はまず、手や足を切断した人が、消失した手や足の部分をまだあるかのように感じる「幻肢」や、2つの感覚が入り混じる(特定の音程の音を聴くと、特定の色をイメージするというような)「共感覚」などの興味深い事例について、神経回路の観点から分析。さらには、「神経疾患を持つ患者の研究は、臨床神経学の範囲をはるかに超えて、人文学や哲学にとっても、ひょっとすると美学や芸術にとっても意味がある」と、議論を進めていく。

とりわけ興味深いのは、チベット美術、古代ギリシャ美術、ルネサンス美術など数々の芸術様式に見られる普遍性を、脳の働きと関連づけて解く、第3章「アートフルな脳」。Ramachandran教授は、芸術に見られるばらつきの9割は文化多様性から、残りの1割は「あらゆる脳に共通の普遍的法則からきている」として、具体例を挙げて、それを検証していく。

10代の時に書いた論文が科学誌「nature」に掲載されたという"天才"だけあって、その洞察力と論理展開は極めて秀逸。ぜひ一読されたい。

(日経バイオビジネス 2005/10/01 Copyrightc2001 日経BP企画..All rights reserved.)

出版社 / 著者からの内容紹介
切断した手足がまだあるように感じる幻肢で苦しむ患者を劇的に救った治療法で一躍有名になったラマチャンドラン博士の最新作! さらに進んだ脳の研究を分かりやすく解説。脳と心のしくみが、今、明らかに!

脳のなかの幽霊、ふたたび見えてきた心のしくみ―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

デッサン・アートの本-目次