デッサンと言う礎

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

その他文献・資料|アート・デッサンの本

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

出版社 / 著者からの内容紹介
読みやすさ、ユーモア、強烈な感動! 同時代の我らが天才リリー・フランキーが骨身に沁みるように綴る、母と子、父と子、友情。この普遍的な、そして、いま語りづらいことがまっすぐリアルに胸に届く、新たなる「国民的名作」。『en-taxi』連載、著者初の長編小説がついに単行本化。

内容(「BOOK」データベースより)
母親とは?家族とは?普遍的なテーマを熱くリアルに語る著者初の長編小説。

内容(「MARC」データベースより)
それはまるで、独楽の芯のようにきっちりと、ど真ん中に突き刺さっている。東京の中心に。日本の中心に。ボクらの憧れの中心に。この話は、かつて、それを目指すために上京したオトンと、ボクと、オカンのちいさな話です。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リリー・フランキー
1963年福岡県生まれ。武蔵野美術大学卒業。文章家、小説家、コラムニスト、絵本作家、イラストレーター、アートディレクター、デザイナー、作詞・作曲家、構成・演出家、ラジオナビゲーター、フォトグラファー…など多彩な顔を持ち、ジャンルの壁を自由に往来しつつ活動。『東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン』は著者初めての長篇(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. その他文献・資料
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る

PAGE TOP