デッサンと言う礎

強く生きる言葉

その他文献・資料|アート・デッサンの本

強く生きる言葉
強く生きる言葉

内容(「BOOK」データベースより)
もっと元気に、もっと優しくなれる、岡本太郎からのメッセージ。

内容(「MARC」データベースより)
岡本太郎が普段の生活の中で動きまわりながら、ふっと洩らす言葉。その中から彼の独特の哲学、人生論というべきものを集める。強烈な強さと優しさで、「生きる力」と「夢をかなえる勇気」を与えるメッセージの数々。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
岡本 太郎
1911年、東京生まれ。岡本一平・かの子の長男。東京美術学校に入学するもすぐ中退、30~40年までパリに住む。数々の芸術運動に参加する一方、パリ大学で哲学・社会学・民俗学を専攻、ジョルジュ・バタイユらと親交を深める。戦後、創作活動を再開、現代美術の旗手として次々と話題作を発表した。70年の大阪万博テーマ館「太陽の塔」は国際的な話題となった。1996年、没

岡本 敏子
財団法人、岡本太郎記念現代芸術振興財団理事長。1926年千葉生まれ。1947年東京女子大学卒。以後、岡本太郎の死去まで約50年間あらゆる制作に立会い、取材に同行、口述メモし執筆を扶ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

強く生きる言葉―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. その他文献・資料
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る

PAGE TOP