デッサンと言う礎

ヴィジュアル時代の発想法―直感をいかす技術

芸術論・美術論|アート・デッサンの本

ヴィジュアル時代の発想法―直感をいかす技術
ヴィジュアル時代の発想法―直感をいかす技術

出版社/著者からの内容紹介
多くの情報整理→発想法になかった、ユニークな発想法。学生時代から映像作家であった筆者が紹介する究極のシステム「チャンス・オペレーション」は、21世紀の「知的人生」の新指針である。

内容(「BOOK」データベースより)
情報整理の本を書かないか、という編集者に対して著者が提案したのは、読者のための発想法の本だった。「情報をどう扱うかということは、発想のためにはどんな情報をもとめるべきかということと切り離せない」はずだ。それは情報を「捨てる!」ことで解決するわけではない。こう考える著者は「発想の壁」を突破する方法として日頃利用している発想法を本書のなかで実践してみせる。「直感の技術」すなわち「偶然という未知のシステム」を意識し、上手に利用することが、閉塞時代の扉を開ける「鍵」なのだ、と。

ヴィジュアル時代の発想法―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. 芸術論・美術論
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る