デッサンと言う礎

美の構成学

構図・構成|アート・デッサンの本

美の構成学
美の構成学
バウハウスからフラクタルまで

内容(「BOOK」データベースより)
人間は古くから美しい形やプロポーションに憧れ、造形における調和の美を求めてきた。しかし、この美の摂理は長いこと伝統的な様式の踏襲と芸術家の直感に支えられてきた。一九一九年に創設されたドイツの造形学校、バウハウスで「構成」という理念がはじめて体系化され、教育に採り入れられた。ファッションや生活用品のデザインからコンピュータ・グラフィックスまで、様々な物の美を読み解く際の鍵となる造形文法「構成学」とは。

漆原次郎  千葉県市川市
「構成学」は、それまで直感的に捉えられてきた「美しさ」というものを分析し体系化したものである。1919年ドイツのワイマールで創立した造形学校「バウハウス」で提唱されたものだ。

本の前半は、その構成学発祥の地バウハウスと、ナチスによって閉鎖されたあとアメリカに移ったニューバウハウスの時代までを概観する。モホリ・ナギが写真、光、タイポグラフィなどの広い分野で与えた影響について、またバウハウスの特徴である機能主義的デザインについてなどをざっと知ることができる…続く

美の構成学―バウハウスからフラクタルまで―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. 構成学・構図
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る

PAGE TOP