デッサンと言う礎

パース塾3 構図編

パース・遠近法|アート・デッサンの本

パース塾3 構図編
パース塾3 構図編

内容紹介
絵を描くときに、役立つのがパース(遠近法)の知識です。「パース塾」シリーズ第3弾の「構図編」では、見下ろしたり見上げたり、構図を工夫することで、画面に動きを持たせる方法を紹介します。

著者について
1987年、白泉社「花とゆめ」で漫画家としてデビュー。秋田書店「ボニータ」ベネッセ「小6チャレンジ」等で漫画を描く傍ら、93年から千代田工科芸術専門学校漫画科で講師を務める。97年から美術出版社「コミッカーズ」で「コスチュームデータファイル」を連載するほか技術ページの監修も担当。最近は主にイラストレーターとして活動。現在はアミューズメントメディア総合学院マンガ学科講師。

目次
1章 見え方いろいろ(第1話「どこから見る?」見る高さを考えよう ほか)
2章 箱からモノへ(第2話「箱形でないもの」箱からモノへ ほか)
3章 カメラアングルを考えよう(第3話「いろいろある街」配置を考えよう ほか)
4章 いろいろなシーンを描こう(車とバイク、電車と踏み切り ほか)

パース塾3 構図編―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. パース・遠近法
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る

PAGE TOP