デッサンと言う礎

脳は絵をどのように理解するか

造形心理学・認識学|アート・デッサンの本

脳は絵をどのように理解するか
脳は絵をどのように理解するか
絵画の認知科学

(「BOOK」データベースより)
本書では、知覚・認知システムの性質と視覚芸術について、いまなにがわかっているのかを考える。 西洋(大部分はヨーロッパ)の美術作品を中心に複雑な科学的概念を捨てないように心がけつつ、 専門用語の使用を最小限におさえた、読んでおもしろく、魅力的で、知的に刺激的な話を提供する。

(「MARC」データベースより)
ひとはなぜ、平面な絵の中に奥行きを見、心や感情を見、時間や空間をすら見るのか。ひとはなぜ、絵に心をゆさぶられるのか。脳は絵を映し出す鏡。人間の目と脳の情報処理の特性を体系的に論じる。

脳は絵をどのように理解するか―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. 造形心理学・認識学
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る

PAGE TOP