デッサンと言う礎

なぞってカンタン!立体スケッチ練習ノート

スケッチ・風景|アート・デッサンの本

なぞってカンタン!立体スケッチ練習ノート
なぞってカンタン!立体スケッチ練習ノート

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
染森/健一 多摩美術大学絵画科油画専攻、同大学院美術研究科を修了後、株式会社東京ランドスケープ研究所に入社。現在同社取締役。芸術修士。ランドスケープアーキテクト。シビルコンサルティングマネージャー(RCCM)。これまで携わったプロジェクトは、足立区生物園、西海パールシーリゾート、とっとり花回廊、笠間芸術の森公園陶の杜、国営アルプスあづみの公園堀金・穂高地区など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次
1 立体のとらえ方(立体とは,立体をとらえる2つの方法, 基本的な「かたち」, 大きさのものさし)
2 かんたん図法で立体を描く(図法を用いた立体把握, 形をずらしてとらえる, 平面をゆがめてとらえる, 消失点を使ってとらえる)
3 立体スケッチの実践練習(身近なものを描く, 室内や建物を描く, 街並みや庭を描く)

なぞってカンタン!立体スケッチ練習ノート―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. スケッチ・風景
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る

PAGE TOP