デッサンと言う礎

スケッチパース ツボとコツ―なぞっておぼえる遠近法

スケッチ・風景|アート・デッサンの本

スケッチパース ツボとコツ―なぞっておぼえる遠近法
スケッチパース ツボとコツ―なぞっておぼえる遠近法

内容(「BOOK」データベースより)
なぞって描くうちに、パースの基本が自然に身につく!60以上の作例に挑戦しよう!インテリアから風景スケッチまで。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
宮後/浩 芸術学博士。(株)コラムデザインセンター代表取締役。(株)コラムデザインスクール学長。近畿大学建築学科非常勤講師。1946年大阪府生まれ。多摩美術大学デザイン学科卒業後、4年間建築事務所で建築の勉強し、26才の時、建築デザインとパースを専門にコラムデザインセンター創立。パース制作及び教育指導の経歴は40年にわたり、わかりやすい指導には定評がある。2008年には日本初の、パースにおける「芸術学博士」学位取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次
第1部 基礎編
(HLってなに? VPってなに? 透視図の種類, 遠近感の表現, 基本形を描こう ほか)
第2部 実践編
(フローリング, ウッドデッキ, 石の乱貼り, ケンケンパ, レンガ塀 ほか)

スケッチパース ツボとコツ―なぞっておぼえる遠近法―通販はこちら…amazon.co.jpの詳細

  1. スケッチ・風景
  2. <<< アート・デッサンの本 TOPへ戻る