デッサンと言う礎

木炭デッサンの道具の使い方

木炭デッサン初心者が最初に揃えたい道具と使い方

木炭デッサンを始めるにあたって、最低必要な画材の紹介

木炭紙
MBM木炭紙厚口105g木炭紙判
木炭紙は木炭デッサンで使用するための紙で木炭との相性がよい紙です。木炭で描いたときに木炭の粉が紙にある凹凸へ入り込むことで色が定着されます。最も利用されている木炭紙はMBM木炭紙厚口500x650mmです。MBM木炭紙には厚口と特厚口がありますが、厚口が通常使用されます。他のメーカーにも木炭紙がありますがMBM木炭紙を基本として使用することをおすすめします。最近では安価な木炭紙もありますので用途に応じて利用しましょう。
[図:MBM木炭紙厚口105g木炭紙判 500x650mm(10枚)-amazon.co.jpより]
木炭
伊研 木炭 №660 (柳)丸軸 太 20本入
木炭は木材の質によって、様々な硬さがあります。また、色味も多少違うことに気づいていくでしょう。基本的に硬い木炭は淡い色で、軟らかい木炭は濃い色を発色します。基本となる木炭はヤナギの木炭で中太軸をおすすめします。
[図:伊研 木炭 №660 (柳)丸軸 太 20本入-amazon.co.jpより]
芯抜き
ステンレス芯抜き 木炭用
芯抜きは、木炭にある芯を取り除く道具です。木炭の断面を見ると中心に他とは違う部分があるのですが、この部分の木炭は非常に細かく木炭紙に入り込むと取り除くことが困難なため、あらかじめ除去します。芯がない木炭は芯抜きの必要はありません。
[図:ステンレス芯抜き 木炭用-amazon.co.jpより]
プラスチック消しゴム
トンボ鉛筆 MONO ホルダー消しゴム モノゼロ角型 EH-KUS

木炭デッサンでプラスチック消しゴムを使用する機会はほとんどありません。ただ、必要となるケースがあるので準備はしておきましょう。通常のプラスチック消しゴムのほかにスティック状のプラスチック消しゴムをおすすめします。消しゴムを使用するときは、描画する道具として使用するように心がけましょう。
[図:トンボ鉛筆 MONO ホルダー消しゴム モノゼロ角型 EH-KUS-amazon.co.jpより]
練り消しゴム
バニー・イージークリーナー3個セット
練り消しゴムは、プラスチック消しゴムと比べて画面を傷めにくく、木炭の粉を取り除くのに適してます。他に、補助具としてプラスチック消しゴムもあればよいでしょう。また、食パンを使って消し具にすることもできます。描きはじめの段階での消し具の利用は食パンをおすすめします。練り消しゴムとプラスチック消しゴムは段階に合わせて利用しましょう。
[図:バニー・イージークリーナー3個セット-amazon.co.jpより]
カルトン
マルマン 全判 カルトン(ダブル) PF900
カルトンは、画用紙を持ち運ぶのには欠かせない道具です。また、デッサンをする際はカルトンに画用紙をクリップや画鋲で固定して描く事になりますので必需品です。
[図:マルマン 全判 カルトン(ダブル) PF900-amazon.co.jpより]
カルトンバック
文房堂 カルトンバック 黒
カルトンを持ち運ぶときに使用するバックです。取り出し口の蓋がついていない商品がありますが、蓋つきのものを選びましょう。木炭紙大のカルトンバックの代用としてF15の大きさのキャンバスバックがあります。
[図:文房堂 カルトンバック 黒-amazon.co.jpより]
はかり棒
アルテージュ デスケル はかり棒
モチーフの比率を計るためのものです。代用品として自転車の車輪にあるスポークやバーベキューの串(先端の尖りを丸くして危険がないようにする必要があります)が使用されます。つまり必要なのは、30センチほどの長さで、細くてまっすぐな丈夫な棒です。
[図:アルテージュ デスケル はかり棒-amazon.co.jpより]
擦筆(サッピツ)
擦筆NO.1(パステル用) 径6mm×135mm
画面にのせた描画部分をのばしたり、押し付けたりすることで、画面に変化を与える事ができます。サッピツには硬いものと、軟らかいものがあります。また、太さもそれぞれ、5種類ほどあるので、様々に使い分けましょう。
[図:擦筆NO.1(パステル用) 径6mm×135mm-amazon.co.jpより]
フィキサチーフ(定着液)
ホルベイン 画溶液  ビッグスプレーフィキサチフ O630 480ml
描き終わったデッサンを保存するときに、画面の鉛筆の粉が落ちないようにする定着液です。最も利用されるのがスプレー式のもので容量の多い商品ほど経済的です。フィキサチーフは引火しやすいので火の気がない所で使用し、火の気がなく高温でない所に保存しましょう。小さいサイズのものがあり、運ぶのに便利ですが、容量の多いものの方が断然お得です。
[図:ホルベイン 画溶液 ビッグスプレーフィキサチフ O630 480ml-amazon.co.jpより]
イーゼル
ホルベイン デッサンイーゼル No.2000L マットブラック
イーゼルは安定した作業、固定した視点を持続するためには必要な道具です。大きさが様々にありますが、デッサン用でしたら木製で価格が安い頑丈なものを選びましょう。
[図:ホルベイン デッサンイーゼル No.2000L マットブラック-amazon.co.jpより]
クリップ、画鋲
日本クリノス 目玉クリップ 大 挟み口65mm 10個入り Mクリ-1
画用紙をカルトンに固定するためにクリップや画鋲が利用されますが、取り外しや使い回しの良いクリップをおすすめします。
[図:日本クリノス 目玉クリップ 大 挟み口65mm 10個入り Mクリ-1-amazon.co.jpより]
ボロ布、ウエス
高田商事 Clean Cherry 桜メリヤスクリーンウエス
木炭紙の木炭の粉をはたきおとしたり、のばしたりと様々に使います。素材としては着古した木綿のTシャツでよいですが、写真のような商品もあります。
[図:高田商事 Clean Cherry 桜メリヤスクリーンウエス 一枚品 漂白ホワイト【純綿100% の1枚品(縫い目無し) ウエス】-amazon.co.jpより]
カッターナイフ、ヤスリ
オルファ カッター 万能M厚型 ブルー
木炭の先端を描きやすい形状に削るために必要です。
[図:オルファ カッター 万能M厚型 ブルー-amazon.co.jpより]
  1. 木炭デッサンの道具の使い方
  2. 木炭デッサンの道具-画材通販
  3. 記事 TOP
  4. デッサンの道具 TOP

デッサンの道具、画材-目次

PAGE TOP