デッサンと言う礎

木炭画材の種類と濃さ

木炭|デッサンの道具

木炭画材の種類と濃さ-図表

濃い                          
          クワ                
                           
    ヤナギ                    
                           
      高熱ヤナギ                  
                           
              トチ            
                           
                           
                           
                クリ          
                           
                  ハン        
            シナ              
        ウコギ                
                           
                           
                    カバ      
                        ミズキ
                      ホウ    
                           
                           
薄い                          
  柔らかい                     硬い

  …しっとりした炭   …かわいた炭

木炭の濃さ、軟らかさから見るヤナギの利点

たくさんある木炭の中で、多く使われる木炭はヤナギです。

図表で見るようにヤナギが最も軟らかく、クワに次いで濃い色を出すことができます。木炭が軟らかいことで画面を傷めずに描き進めることができます。

また、クワに次いで濃い色を出すことができるので色の表現の幅を拡げることができます。

というわけでヤナギがあれば多くの種類の木炭を用意しなくても描きはじめから仕上げまでデッサンを描き進めることができます。

他の木炭を使い分ける方法

ヤナギで最初から最後まで描き進めていくことはできますが、ほかの木炭の使い途を考えてみましょう。

まず、ヤナギより濃い木炭はクワになります。このクワは濃い部分で活用することができます。最も濃く描く部分を見極めて利用すれば、画面にメリハリが生まれ一味違うデッサンを描くことができます。

また、ホウやミズキなどの木炭を使うとしっとりした表現を可能にします。ただ、画面が痛み描き直しができなくなる場合があるので注意しなければなりません。この種類の木炭は、木炭紙に対して硬すぎますが、しっとりとした色合いはヤナギでは簡単に表現できない魅力的な特性です。
画面の中で完全に定着させたいしっとりとした色合いの部分に対して、うまく描き進めればデッサンにメリハリを生み出してくれます。

この図表の中でも最も使い勝手が難しいのは中間に位置する木炭といえるでしょう。正直、使っている人を見つけるのは大変なくらい需要がありません。しかし、これらの中間に位置する木炭の特性を研究することで違った風合いのデッサンが生まれる可能性はあるでしょう。
様々に計画的に木炭を使い分けることでデッサンにメリハリが生まれ、表現の幅を広げることができます。

  1. 木炭の使い方
  2. 木炭画材の種類と濃さ
  3. 木炭-画材通販
  4. 木炭商品一覧
  5. < 前へ
  6. 記事TOP
  7. デッサンの道具 TOP

デッサンの道具、画材-目次

PAGE TOP