デッサンと言う礎

コンテ画材の使い方

コンテ|デッサンの道具

コンテ画材とは?!

コンテという画材はフランスのニコラ・ジャック・コンテの名前から取って名付けられています。

コンテは天然の白亜や黒鉛、酸化鉄などの顔料を粉末状にし、少量のメディウムを加えて棒状に加工されています。その特性は画面に定着しやすく、伸びがあり、しっとりとした質感があります。

コンテには油成分はなく水性パステルと同様に扱うことができると考えられます。オイルパステルやサクラクレパスなどの油分を含んだ画材とは基本的に相性はよくありません。

コンテはパステルと製法や特性が似ています。今はコンテパステルという商品があるので同様に扱われていると考えられます。ただ、ソフトパステルとは違い、画面上の伸びはソフトパステルと比べ弱く、画面への定着はソフトパステルより良いと考えられます。最終的に作品として定着させるためには定着スプレーを利用しましょう。

クロッキーやスケッチに扱いやすいコンテパステルやカレ・コンテ

コンテはクロッキーを行う時や、スケッチを行うのに適しているかもしれません。画面への定着がよいうえに、画面上での伸びが優れていますので描いた時の印象を素早く記録することが出来るでしょう。

クロッキーに使用される色としては基本的に黒のほかに赤褐色と白があります。 赤褐色系統の素材には、酸化鉄を多く含んでいる土性物質の堆積物が使われ、濃褐色と濃赤色の2つに分類されています。

市販されている商品にはコンテパステルといって、コンテとパステルの差別化なく扱われている場合があります。最近では、人物用のコンテパステルや風景用のコンテパステルなどのセットも市販されていて色数が豊富に揃っています。
伝統的なコンテはコンテ・ア・パリが販売しているカレ・コンテです。カレ・コンテは白や黒、赤褐色以外にもカラーが豊富で、ソフトパステル、パステルペンシルと併用ができます。併用する場合の注意としては、画材の固さ、色の伸び、色の定着具合にあると考えられますので扱い方を研究する必要があります。
特にソフトパステルは持ち運びには適さない脆さがあり、色の伸びが良いという特性があるため扱い方に注意が必要でしょう。

  1. コンテ画材の使い方
  2. コンテ画材-画材通販
  3. 記事 TOP
  4. デッサンの道具 TOP

デッサンの道具、画材-目次

PAGE TOP