デッサンと言う礎

電動消しゴムの使い方

電動消しゴム|デッサンの道具

デッサンを描いているとき、わずかな隙間を消したいけれど、通常のプラスチック消しゴムでは余計な部分まで消してしまう場合があります。

そんな時に威力を発揮するのが電動消しゴムです。電動消しゴムを使うのは邪道な気がする方もいると思います。しかし、プロの絵描きでも使用されているのが電動消しゴムです。堂々と目的に合わせて使用しましょう。

繊細な絵画や修正に困ったポイント描写では、積極的に使用したい描画材です。

電動消しゴムの主な使い方

電動消しゴムの電力はコンセントから電源を得るか、電池を使用する2通りのものがあります。

消しゴムがついている先端には、非常に小さい消しゴムが装着してあります。電源のスイッチを入れると先端の消しゴムがモーターによって高速に回転します。

回転している消しゴムをエンピツなどで描かれた部位に押し当てると消える仕組みになっています。

先端を加工すれば、非常に小さな面積を簡単に消し去ることができるので、工夫次第では非常に面白いデッサンを描くことが可能です。

消しゴムは脱着が可能なので消しゴムの種類を変えることも可能です。

消しゴム全般の使い方としては、消しゴムはただ単に消すのではなく、描写する意識で使用しましょう。そこに素人とプロとの違いがあります。

電動消しゴムの種類

電動消しゴムは主に、製図などの設計図を修正するうえで発達した消し具で、主にボールペンや印刷物を消すことができるような硬い消しゴムを装着するような商品が多いです。

電動消し具は、画用紙を傷めない柔らかい消しゴムを装着できる商品を購入しましょう。

上の商品はアダプター式の電動消しゴムです。機能的には最も評判の良い商品の一つです。電源から電気を得なければならないのでデッサンでは使いにくく感じますが、パワーはあります。

上の商品は電池式の電動消しゴムです。この商品は右上と同じメーカーから発売されていて、コードレスタイプのものとしては最も評判の良い商品の一つです。デッサンではコードレスのものの方が何かと便利なので、この商品はおすすめです。

どちらの商品も4種類の替えゴム付きです。(鉛筆用、製図インク用、PPC第二原図用、インク・コピー用×各5本)替えゴムのサイズはφ4.8×20mm です。

替えゴムは別に販売されているので、買い足して使用できる商品です。

  1. 電動消しゴムの使い方
  2. 電動消しゴム-画材通販
  3. 記事 TOP
  4. デッサンの道具 TOP

デッサンの道具、画材-目次

PAGE TOP