デッサンと言う礎

マスキングインクの使い方

マスキングインクはデッサンで描写したくない部分を覆い隠すための道具です。マスキングインクの特徴を理解して使い方を覚えましょう。

マスキングインクの主な使い方

マスキングインクは、水彩画を描くときに画用紙の一部分をマスキングすることで、絵具が入り込まなくするために使われる画材として知られています。

デッサンでマスキングインクを使う目的は水彩画と同じで、基底材である画用紙などをマスキングインクを使って覆い隠し、鉛筆などの描画材で描くことができないようにすることに使われます。

マスキング液は乾くと剥がすことができます。その結果、覆い隠した画用紙の色を残すことができるのです。デッサンで白い画用紙に描く場合、明度の中で最も白いのが画用紙なので、ハイライトなどを表現するにはとても有効に働きます。

マスキングインクの商品では、スティックタイプのものやインクそのものを購入することができます。

スティックタイプのものは直接画用紙などへ接着することができ、目的によっては大変使いやすいものです。

インクそのものの場合は、筆などを使用して画用紙の隠したい場所をマスキングします。自分の好きな形状にマスキングできるため面白い効果が期待できます。

白い部分を残したりするのと同時に、マスキングした部分と描画した部分との境目のエッジを際立たせる効果も大きいです。

注意する点としては、マスキングを剥がす時に簡単に剥がせない場合があり画面を傷める要因になりかねません。マスキングインクの重ね具合などで剥がしにくさなどを解消することができるので研究するようにしましょう。

また、あまりにも薄い画用紙に使用すると、剥がす時に破れる原因になります。できるだけ厚口の画用紙でマスキングインクは使用するようにしましょう。

マスキングインクの種類

デッサンで使用できそうなマスキングインクは水彩画用のものが適当だと思います。他に使えそうなものとしてはプラモデルなどで使用するようなマスキングインクがあります。

基底材が画用紙である場合、水彩画用のものは大きな問題もなく使用できると思います。

上にあるのはスティックタイプのマスキングインクです。容器から先端に付いたノズルを使ってインクを出すことができ、1ミリ程度の太さのマスキングができ、繊細な作業に使用できます。

上にあるのがノズルのないマスキングインクで、筆などを使用してマスキングをします。大きな面を覆い隠すにはスティックタイプよりも使いやすいです。マスキングした形状がそのまま画面に残ることを考えると、筆の形状などを工夫することで面白い効果が期待できる描画材ともいえるでしょう。

  1. マスキングインクの使い方
  2. マスキングインク-画材通販
  3. 記事 TOP

目次

PAGE TOP