デッサンと言う礎

画用紙-画材詳細

画用紙はデッサンを描くために必要となる道具です。おススメの画用紙の商品を紹介します。

おすすめ!画用紙

サンフラワー画用紙

多くの画用紙がある中で、デッサン初心者に一番おススメできる画用紙は、サンフラワー画用紙「M画」です。

■用紙の性質
サンフラワー画用紙には厚さ(1平方メートルあたりの紙一枚の重量)の違う「A画」(157g)と「M画」(205g)の2種類があります。どちらも中性紙で中目程度の紙の肌理を有していて、M画の方が肌理は若干ハッキリしています。純白に近い紙色です。

■主な用途
鉛筆画やペン画、水彩画、工作などで使われます。

鉛筆デッサンへのおすすめ度:★★★★★


TMKポスター紙

■用紙の性質
TMKポスターは厚さ(1平方メートルあたりの紙一枚の重量)が193gと217gの2種類あります。紙の表面は若干の凹凸がありますが、比較的平滑です。紙色はナチュラルホワイトです。水分に強く発色の良さが特徴の高品位な中性の紙です。

■主な用途
鉛筆画やペン画、水彩画、工作などで使われます。

鉛筆デッサンへのおすすめ度:★★★★


ケント紙

ケント紙は、サンフラワー紙などと比べれば平滑性が非常に高いです。ペン、水性絵具などと相性がよいので細密描写に向いていて、ボタニカルアートや製図などでは古くから使用されています。また、鉛筆との相性も良く、消しゴムの摩擦に耐える特質がありるので鉛筆での細密画に向いています。ケント紙の表は手で触れたときに滑らかに感じる面になります。

ケント紙の種類には主にKMKケントとBBケントがあります。

■KMKケント紙の性質
色はナチュラルホワイトで、原料に良質な木材繊維を使用しているトータルバランスの高いケント紙です。表面が強く、画材ののりがよい。にじみにくく、消しゴムによるケバ立ちも少ない。
・特に製図ペンや烏口などの墨入れに最適で発色が良く、消しゴムなどの削りに強い紙です。
・製図、版下、ペン画、建築パースに最適な、強靭で平滑なケント紙の特徴をよく表しています。

■BBケント紙の性質
コットンが原料の中性紙です。表面にある程度の強度があり細目と荒目があります。

■ケント紙の主な用途
ペン画や水彩画、製図、ボタニカルアート(細密画)などで使われます。

鉛筆デッサンへのおすすめ度:★★★


水彩用紙

ワーグマンの特徴

■用紙の性質
目の凸凹もしっかりしているが、強靭な繊維が作り出すザラザラ感があり、顔料をよく抱き込みます。そのため、発色がよく濃淡が充分に表現され、また、吸収が遅い一面、着色力が良い為、水彩画の様々な技法が存分に発揮できます。紙の色は落ち着いたオフホワイトです。しっとりと落ち着いた、滋味ある色調に仕上がります。★表と裏、両方使えます。一方の面は目の凸凹がはっきりしており、ザラザラ感が強く、その反対の面はなだらかな感じ。お好みによって、また表現手段によって使い分けが出来ます。

■主な用途
水彩画やアクリル画、パステル画などで使われます。鉛筆と彩色の併用での制作に向いています。

鉛筆デッサンへのおすすめ度:★★


ワトソン紙の特徴

■用紙の性質
日本で製造されてい最高級画用紙で幅広い用途で使用されています。やや強めのサイジング(にじみ止め)が施されています。紙の肌理(表面の凹凸)は適度な粗さと厚さを持ち、水に強いです。強度は画用紙よりあり、消しゴムを使ったときの毛羽立ちが起こりにくく摩擦には強くできています。多くは水彩画やパステル画に使用されています。

■主な用途
水彩画やアクリル画、パステル画などで使われます。 鉛筆と彩色の併用での制作に向いています。

鉛筆デッサンへのおすすめ度:★★


  1. 画用紙の種類
  2. 画用紙のサイズ
  3. 画用紙-画材詳細
  4. 前へ
  5. 記事TOP

デッサンの道具-目次