デッサンと言う礎

デッサンでの鉛筆の選び方

鉛筆はデッサンなどで使用される描画材です。デッサンでは品質の良い鉛筆が使われる傾向にあります。メーカーにより特徴が違うので特性を知り適切なものを選びましょう。

鉛筆の硬さとH,B,Fの意味

鉛筆に表記されるH,B,Fの記号は、芯の濃さと硬さを表しています。 HはHARD(ハード=かたい)、BはBLACK(ブラック=黒い)、FはFIRM(ファーム=しっかりした)を意味する略字になります。

Hに付記される数字が多くなるほど薄くて硬い芯を示し、Bの付記される数字が多いほど濃く柔らかい芯を示しています。FはHとHBの中間の濃さと硬さを持つ芯になります。鉛筆を軟らかく濃い順に並べると次のようになります。

【軟らかくて濃い】10B、9B、8B、7B、6B、5B、4B、3B、2B、B、HB、F、H、2H、3H、4H、5H、6H、7H、8H、9H、10H【硬くて薄い】

この並び順で注意したいのは、Fの位置を間違いやすいことです。

鉛筆は描き心地を基本に選ぶ

鉛筆のメーカーや種類は思った以上に多いです。実際に描いてみることで自分に合うメーカーを選びましょう。鉛筆の描き心地は人それぞれ違うし、同じ硬さの鉛筆でも質感と言いますか風合いが違うところもあるようです。

数多いメーカーの中でおすすめなのが 下記にあるメーカーです。三菱製ハイユニは個人的に一番折れにくいと思われます。 その分価格は高いですが描いている最中にボキボキ折れるくらいなら、鉛筆を削ることを考えて折れにくいものはお奨めです。

鉛筆の濃さ、硬さは10H~10Bまでかなりの幅があり、何を揃えたらいいのか分からなくなりますが 画用紙との相性なんかも考えるとあまりに硬い鉛筆やあまりに柔らかい鉛筆は画面を傷めたり、 描いた上から、描きすすめることが出来ずらいといったことがあります。

鉛筆選びのコツとしては、あまり多くの種類を持たず3B~3Hくらいの鉛筆から描き始めましょう。徐々に表現の幅を広げるために種類を増やすことがいいのかもしれません。または、逆に10H~10Bの鉛筆を揃え特性特質を研究した後に、徐々に自分の表現の幅に絞っていくことも出来ます。

鉛筆は1種類でも充分すぐれた絵画を生み出せるので、あまり深く考えないことが重要でしょう。とはいえ鉛筆の芯の硬さの違いだけで表現の幅は広がりますので、さまざまに使い分けられることが望まれます。

鉛筆デッサンで使われる代表的な鉛筆

◆三菱 ハイユニ MITSUBISHI Hi-uni◆  芯:10H~H、F、HB、B~10B (下図)
ユニとハイユニではまったく違いますので購入の際は気をつけましょう。ハイユニは金色の線(写真の右側にある線)が入っています。三菱鉛筆ハイユニ


◆ステッドラー STAEDTLER◆ 芯:10H~H、F、HB、B~10B (下図)
製図用の鉛筆としてよく使われています。個人的には、ハイユニに比べて、多少折れやすいのが気になるところです。しかし、この鉛筆の質感が好きというアーティストは多くいます。
ステッドラー鉛筆


  1. デッサンでの鉛筆の選び方
  2. デッサンでの鉛筆の削り方
  3. デッサンでの鉛筆の持ち方と使い方
  4. 鉛筆デッサンで画用紙を汚さない工夫
  5. デッサン補助具の鉛筆ホルダー
  6. 鉛筆デッサンと紙やすり
  7. デッサンの鉛筆-画材詳細
  8. 記事TOP

デッサンの道具-目次