デッサンと言う礎

鉛筆デッサンで画用紙を汚さない工夫

鉛筆|デッサンの道具

画面を汚さない工夫

デッサンを描き進めていくうちに、画面を手で汚してしまうことがあります。そのために、画面を汚さない工夫をしましょう。基本的に画面に接地する手の面積を少なくするように小指で画面を押さえながら描いたりするか、手を置くことができるように下敷きを用意したりして、工夫します。

ワンチン(腕鎮)を利用する

ワンチンは市販されているものを購入してもよいですが、角材を市販されているワンチンの代わりに使用することもできます。

使い方は下の写真のようにして、画用紙に手が接することがないようにして使います。この方法ですと、ほとんど画面を汚すことなく描き進めることができると思いますが、描き方によっては、使い勝手が良くないかもしれません。

ワンチンを使って画用紙を汚さない

下敷きを利用する

薄い摩擦がない用紙(トレーシングペーパーやコピー用紙)などを使って、描いている画用紙と手の間に敷いて画面が汚れるのを防ぐことができます。紙を動かすときは画面上を滑らして、こすらないようにしましょう。

下敷きを使って画用紙を汚さない

  1. デッサンでの鉛筆の選び方
  2. デッサンでの鉛筆の削り方
  3. デッサンでの鉛筆の持ち方と使い方
  4. 鉛筆デッサンで画用紙を汚さない工夫
  5. デッサン補助具の鉛筆ホルダー
  6. 鉛筆デッサンと紙やすり
  7. デッサンの鉛筆-画材通販
  8. < 前へ
  9. 記事TOP
  10. デッサンの道具 TOP

デッサンの道具、画材-目次

PAGE TOP