デッサンと言う礎

練りゴムの使い方

練りゴムはデッサンで主に消し具として使用される道具です。練りゴムの特徴を理解して使い方を覚えましょう。

このページの目次

  1. 練り消しゴムの特徴と使い方

練り消しゴムの特徴と使い方

練り消しの主な使い方は、押し付けたり、転がしたりして鉛筆や木炭を消しとります。通常の消しゴムのように、こすって強い摩擦を与えるのは、最終的な手段として使用するようにします。

また、用意する時は写真のようなもの一つだけではなく、3、4個用意して、ボール状に大きくしておき、任意の大きさの形状へすぐに変形できるようにすると良いです。

練り消しゴムの形状や表面を工夫して、押し付ける技法のスタンピングなどに応用し、質感表現などができます。マイナスの作業においても描写する感覚を養いたいものです。

練り消しゴム-画材

新しいものは粘着力が強いので、思いのほか画面にダメージを与えかねません。写真のように使い古されたものと新しいものを両方用意しておき、消したい度合いに応じて使い分けるようにしましょう。

上の写真はバニーイージークリーナーという練り消しゴムで、私の周りでは一番使っている人が多かったです。

  1. 練り消しゴムの使い方
  2. 練り消しゴム-画材詳細
  3. 記事 TOP

デッサンの道具-目次