デッサンと言う礎

スケッチブックの使い方

スケッチブック|デッサンの道具

スケッチブックの主な用途

スケッチブックは用途別に多くの種類のものが販売されています。

例えば、水彩画やパステル画などを描くためのスケッチブックは、画材に適応できるように特殊な加工がされています。

デッサンで使用するスケッチブックは、それほど高価なものではなくても、画材の効果が十分発揮できます。

スケッチブックをアイディア帳や雑記帳にする

簡単な描写をするのなら安価で用紙の枚数が多い適度な大きさのスケッチブックを1冊用意しておくと良いと思います。

気軽に描く用紙が高価なものでは躊躇しますし、コピー用紙のようなものを使うといつしかゴミになるのが目に見えてます。

たいして高いものでなくても保管や時系列の整理の上で、スケッチブックを用意して自分なりにアイディア帳や雑記帳などに分類し、日付を入れて使用すると良いと思います。

クロッキー帳でも代用できますが、描く内容次第ではスケッチブックに描いてみると良いでしょう。

高価なスケッチブックは作品集にする

作品をスケッチブックに描いて、スケッチブックごと作品集にしてしまうのも楽しいものです。

そんな使い方をするときは、何か自分なりにルールなどを決めておくと面白いと思います。例えば描く"テーマ"を決たり、使用する画材を限定したり、自分だけの使用方法でスケッチブックに描くと良いと思います。

スケッチブックで構想を練る

他には、大作を描くための構想を練ったり、情報収集のためにスケッチをしたり、色彩を計画するなどのエスキース用としてスケッチブックを使用できるでしょう。

一つの大きな作品を描くために1冊のスケッチブックを使用することは、今後の制作活動を考えると無駄なものにはならないと思います。

  1. スケッチブックの使い方
  2. スケッチブックの種類とサイズ
  3. スケッチブック-画材通販
  4. 記事TOP
  5. デッサンの道具 TOP

デッサンの道具、画材-目次

PAGE TOP