デッサンと言う礎

クロッキーについて|デッサンとは何か

クロッキーはモチーフや人物の描き方を高める最善方法の一つで、気軽に始められる方法の一つです。対象の本質を見極めるために、時間制限があるクロッキーに取り組みましょう。

クロッキーの表現性

クロッキーは、人体や動物などを短時間で捉え、描写していく行為です。それは限られた時間の中で、作者のクロッキーに対する手法や目的によって、表現される作品は違ってきます。

長時間で完成させるデッサンとは違って、短時間で描かなければならないクロッキーは、かなりの集中力を要し、モチーフやモデルのすべてを描写することは不可能です。そのため、何を捉えるべきか!?クロッキーをする際の目的などを自分なりに設定するといいでしょう。

最終的に対象の本質を捉えるあなた独自のクロッキーを目指しましょう。

人物クロッキーの必要性とデッサン

長時間で描くデッサンにおいて、人物を描くことが難しいことを理解している人は多いと思います。

人体には筋肉や骨格によって表面上、簡単には理解できない形状があり、更に肌や髪の毛の質感や陰影は簡単に表現できるものではないのです。また、衣服を身に付けていれば、その下層にあたる人体の形状を理解していなければ、見る人を魅了するためのデッサンや絵画を描くことは難しいと言えます。

そのような理由からクロッキーを描くことが勧められています。クロッキーによって、人体の筋肉や骨格の構造や動き、プロポーションを理解し、更には色彩を用いて質感や陰影表現を更に高めることができます。色彩を用いるクロッキーではパステルや水彩絵画などが利用されます。

人体クロッキーは、1~20分くらいの短時間のポーズや瞬間のポーズ、連続したポーズ、動きのあるポーズなどさまざまなポーズをモデルがしてくれます。それらの魅力あるフォルムや動き、リズム感、印象を瞬時に捉え描写し表現していかなければなりません。

それは、画面全体のバランス、重心なども考慮して描かなければならず。無駄な線がないように努力する必要があります。クロッキーはモチーフすべてを描きだすことは困難ですが一つの作品として描かれると良いと思います。

人物クロッキーの手順

はじめは形を捉えなければなりません。用意したクロッキー帳に人物をどのくらいの大きさでどの位置に配置するか構図も考えます。

このとき線で人物全体を捉えていくことがクロッキーではオーソドックスな手法になります。

何故、線で描くのかはさまざまな理由があります。例えば短時間で人物の量感や動きを表現するために線で描くことの方が効率がよく、線の太さや強弱で空間を表現できる点があげられます。

さらに時間が短いクロッキーは意識的描写から無意識的な描写へ移行する段階が制作過程では見られ、その時描かれた線の形態の美しさは長時間で描かれるデッサンでは表れないものです。

クロッキーに慣れてくると線だけではなく陰影描写や色彩表現へ移行しますが、この段階へ到達するにはかなり熟練した技能が必要になります。その技能は裁判の状況を描く法廷画家くらいの技能が必要になります。線での表現が稚拙な人が、陰影や色彩など多くの要素を取り入れることはおススメしません。

クロッキーの初心者は線によって人物や空間を捉え、独自の魅力的な形を引き出すことを目的に描いていくと良いと思います。

線だけでできることは無限にあり目的次第です。例えば"人体のフォルムの骨格や美しさを捉える"、"人体の陰影の境目(稜線)を捉える"、"人体の量感を捉える"、"人体全体の動きを表現する"、"女性モデルのアンニュイな感じを捉える"、"モデルのエロティシズムを捉える"、"モデルとアトリエ全体の空間を捉える"などさまざまです。

クロッキーの道具

クロッキーでは、基本的に単色で描くことが一般的で、その道具はさまざまで限定されているものではありません。鉛筆、コンテ、ペン、墨、アクリル、水彩、竹ペンなどさまざまに使用してみて自分の表現にあう画材や素材を探すとよいでしょう。初心者は4B~6Bの鉛筆をおすすめします。

用紙は市販のクロッキー帳でもいいですし、画用紙でも何でもよいと思いますが、アトリエなどの広いスペースでクロッキーに臨むのであれば、勢いのある大きなストロークで描けるように大きなサイズの用紙を用意するといいと思います。また、用紙も目的に合う画肌になるような素材を探してみるといいかもしれません。

初心者は制限された時間内で描ききることを一つの目的として、用紙のサイズは自分の能力に合ったサイズを選ぶことをおすすめします。通常、良く使用されるクロッキー帳のサイズはF6、F8、B3サイズが一般的です。長時間になれば木炭紙大サイズ(F15)のクロッキー帳へ挑戦するようにします。

クロッキー帳は時間ごとにサイズを変更しても良いですが、B3サイズのクロッキー帳を用意したら、1分~20分クロッキーすべてで同じものを使用する方が上達は早いと思います。

下記は人物クロッキーでの時間とサイズの使い分けの例です。

  • 1分、2分クロッキー…B4、B3、F6、F8サイズのクロッキー帳
  • 5分クロッキー…B4、B3、F6、F8サイズのクロッキー帳
  • 10分クロッキー…B3、F6、F8、木炭紙大サイズ(F15)のクロッキー帳
  • 20分クロッキー…B3、F6、F8、木炭紙大サイズ(F15)のクロッキー帳

大きさを決定するのは、デッサン力の差や描く目的にあると考えられます。しかし、"小さい画面ではデッサン力を高めることができない""小さく描写してしまう癖がついてしまう懸念がある"などの理由から常に大きな画面で描く人もいます。

おススメB3サイズのクロッキー帳

B3サイズのクロッキー帳は、人物クロッキーでは構図の取りやすいサイズであることから多くの人に利用されています。大量生産される傾向があるため、リーズナブルなものが出回っていて5冊で4000円~5000円くらいで販売されています。

ホルベイン No.500 Hクロッキー紙 50枚とじ B3 5冊セット

ホルベイン No.500 Hクロッキー紙 50枚とじ B3 5冊セット

■商品の説明

  • クロッキー紙は、クロッキー用の紙としてだけでなく、スケッチ、雑記帳など多用途に使える紙です。
  • Hクロッキー紙は、鉛筆やペンでのなめらかな描き心地を追求した自社開発紙です。色目はくすみのないきれいなホワイト。
  • 50枚・スプリングとじ
  • 中紙=Hクロッキー紙50K(60g) 背廻表紙 表紙=ブラウン/レッド/グレー
  • 表紙=クラフト

ホルベイン No.500 Hクロッキー紙 50枚とじ B3 5冊セットamazon.co.jp で詳細を見る

クロッキー用紙と経済性

1分、2分、5分の人体クロッキーは、クロッキー用紙を一日で20枚、30枚と多くの紙を必要するため、コピー用紙などの安価な紙が使用される場合があります。しかし、コピー用紙は摩擦が少ないために思う様な描写ができないので、あまりおすすめできません。

そこで初心者におすすめしたいクロッキー帳は100円均一で販売されているクロッキー帳(左画像)です。100円均一では、A4サイズ(210×297mm)で40枚のクロッキー帳とB4サイズ(257×364mm)で25枚のクロッキー帳があり、短時間で描くクロッキーでは、コピー用紙よりもおすすめできる紙です。

100円均一クロッキー帳
100円均一B4サイズ(257×364mm)クロッキー帳

下に掲載したクロッキーは100円均一のB4クロッキー帳に描かれています。クロッキーにだいぶ慣れてきた人の作品ですが、まだまだ未熟な作品で、骨格や筋肉の形状、動きなどの理解の浅さが、その要因といえるでしょう。この段階に来れば、もっと大きなクロッキー帳を用意して描いていく方が上達が早いと思われます。

人物クロッキー参考作品02

■人体クロッキーの制作時間と道具

  • 時間…5分
  • サイズ…B4(100円均一のクロッキー帳)
  • 描画道具…B6の鉛筆

日常にもクロッキー帳を!

クロッキーは絵画教室などのアトリエ以外にもさまざまな場所で行なうことができます。例えば用意した小さなクロッキー帳とペンなどを使い、通勤や通学の電車の中で前に座った人を短時間の間に描くことができます。また、公園などで動物や子供などを描いたりさまざまにクロッキーをすることができます。

それらはアトリエで制作するときの限定されたポーズではないので、自分の趣味趣向といったものまでも反映される可能性があるでしょう。そのようにして、自分の目に留まった印象のあるものを描いていくことは、今後の作品作成のためのネタ帳として大いに役立つでしょう。

□参考ページ…クロッキー帳|デッサンの道具より

  1. ■Page01…デッサンの意味と目的
  2. ■Page02…クロッキーについて
  3. ■Page03…エスキースについて
  4. ■Page04…デッサンとエスキース
  5. ■Page05…デッサンとドローイング
  6. ■Page06…デッサン初心者が最初に読むオススメの本-厳選5冊
  7. <<<デッサンの描き方と基礎技法

デッサンの描き方と基礎技法-目次

PAGE TOP