デッサンと言う礎

立方体を描く|パースペクティブと遠近法

立方体を描ければ整然としたデッサンが描けるようになります

立方体から学べる遠近法

どのような立方体が描けたでしょうか?

立方体を描く図1-パースペクティブと遠近法まず、図1をご覧ください。何かおかしくはありませんか?

aの角が手前にあるように見えるし、逆にbの角が手前にあるようにも見えます。これは平面に図を作成するうえで視覚的に混乱が生じる例の一つです。これを改善するにはどうすればいいでしょうか?

この図1のような立方体(bが手前の時)が地面と平行にある時、ba3本のラインはbからaに向かいaを延長して、ある一点に向かって収束します。

一点とはあなたから見た地平線上の一点に位置します。地平線は簡単に見ることはできませんが、想像することは容易です。地面と平行な視線をとります。 簡単に言えば真正面を見ます。その高さの横ラインがあなたの地平線です。その地平線上の一点へ向かい、baのラインが集まっていきます。

図2をご覧ください。このように平行だった辺が地平線に向かい収束していく様子がわかります。このことにより、立方体は地面と平行に安定した様子をみせることができ、秩序ある空間が生まれます。収束する位置(消失点)が目の高さ(地平線)よりも高かったり、低かったりしたら不安定に見えます。

絵画上では、この地平線上へ収束する点(消失点)を設定することで絵画画面の中で正確な立方体が描けるようになります。

図2の右にある立方体は消失点が2つある二点透視図法といい、左の立方体は消失点が1つですので一点透視図法と呼びます。

立方体を描く図2-パースペクティブと遠近法

立方体を描く図3-パースペクティブと遠近法

図3をご覧ください。二点透視図法に上下に収束するa,b,c,dのラインが加えられております。このラインは見ている人の真上と真下へ収束し、新たに消失点ができます。二点透視図法に、真上、あるいは真下の消失点を加えると三点透視図法というものになります。

3点透視図法のポイントとしてビルを見たときの例を挙げてみます。ビルを見上げたときビルは自分の頭上へ向かって収束(消失点が自分の頭上にある)します。逆にビルを見下げたときは自分の真下(消失点が自分の足下にある)へ向かって収束していきます。

以上のような遠近法の要素は線遠近法以外にも様々にあり、線遠近法だけで絵画空間を生み出すものでは決してありません。ひとつの要素でしかないのです。あなたが描こうとする絵のために必要ならば導入すればよいだけです。

次のページで円柱について解説します。

  1. ■Page01…パースペクティブ、遠近法とは?
  2. ■Page02…立方体を描く
  3. ■Page03…円柱を描く
  4. ■Page04…パースペクティブ、遠近法を学ぶ本
  5. <<<デッサンの描き方と基礎技法

デッサンの描き方と基礎技法-目次

PAGE TOP